ダイスの神様の言うとおり!

突如めまいに襲われたその男は、気が付けば一枚の紙を握りしめ、草原に倒れていた。

その男は周囲を見渡し、今までアパートにいたはずなのにと首をかしげる。そしてわけも分からないこの状況の打開、そのヒントを求めて手に握った紙を広げてみた。

古く、茶ぼけたボロボロの紙はもろく、今にも崩れ落ちそうで、当然、中に書いている文字もわずかにしか読み取れなかった。
苦心しながらも、どこか見覚えのあるその紙面から男が読み取った情報は

「これは・・・、テーブルトークRPGの自キャラのステータス表か」

学生時代、男が熱心に取り組んでいた活動対面の会話式ロールプレイングゲーム、TRPGで愛用していた自分のキャラクターの名前がそこには掲載されていた。

「アーノルド。これまた懐かしい名前だ。職業は、第一が聖騎士で・・・、後は全く読めないな」

そうやって自分の状況を把握しようとしてた彼の脳内に、何かが転がる音が響いた。
それが二度起こり、静まった所で彼は立ち上がる。

「よく分からん。だが、前に進むべきだろう。前は、きっとこっちだ」

まるで何者かに背中を後押しされたように、その男、アーノルドは目印のない草原を歩き出す。

さて、彼の行く末はいかに。
24hポイント 28pt
小説 10,596 位 / 60,344件 ファンタジー 2,534 位 / 19,355件