如月ぐるぐる

如月ぐるぐる

3
恋愛 連載中 短編
王太子との婚約を一方的に破棄され、王太子は伯爵令嬢マーテリーと婚約してしまう。 留学から帰ってきたマーテリーはすっかりあか抜けており、王太子はマーテリーに夢中。 政略結婚と割り切っていたが納得いかず、必死に説得するも、ありもしない罪をかぶせられ国外追放になる。 家族にも見捨てられ、頼れる人が居ない。 「こんな国、もう知らない!」 そんなある日、とある街で子供が怪我をしたため、術を使って治療を施す。 アトリアは弱いながらも治癒の力がある。 子供の怪我の治癒をした時、ある男性に目撃されて旅に付いて来てしまう。 それ以降も街で見かけた体調の悪い人を治癒の力で回復したが、気が付くとさっきの男性がずっとそばに付いて来る。 「ぜひ我が国へ来てほしい」 男性から誘いを受け、行く当てもないため付いて行く。が、着いた先は祖国ヴァルプールとは比較にならない大国メジェンヌ……の王城。 「……ん!?」
24hポイント 28,978pt
小説 80 位 / 77,225件 恋愛 55 位 / 20,389件
文字数 45,089 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.05.28
恋愛 連載中 短編
*タイトル変更しました カール男爵家は王国に仕える最古の貴族の1つ。 その役目は『魔の森から国を護る』こと。 それが当たり前だと思っていたジェニファーだが、王城でお茶会をしている令嬢・奥方達の会話に驚愕する。 「魔の森なんて、森が深いだけで何もありませんわ。守護なんて楽なお役目ですこと」 魔の森。カール家が代々受け継いだ役目は、魔物や外の脅威から国を護る仕事だったのだ。 ※最初は男爵令嬢視点です。
24hポイント 23,539pt
小説 93 位 / 77,225件 恋愛 62 位 / 20,389件
文字数 40,311 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.05.30
恋愛 連載中 短編
初代聖女より数百年がたち、人々は聖女への感謝を忘れていた。 特に酷いのが第一王子だった。 聖女はムダ、と言って婚約者でもある聖女との婚約を破棄し投獄。 聖女の力を失った国は、徐々に力を失っていく。
24hポイント 674pt
小説 1,663 位 / 77,225件 恋愛 866 位 / 20,389件
文字数 1,291 最終更新日 2020.06.01 登録日 2020.06.01
3