桃月 

桃月 

いつもお読みいただきありがとうございます! エール、感想、お気に入り、感謝です! 現在色々と模索中……。 精進します。
11
恋愛 連載中 長編 R15
 大賢者フィアルヴァの弟子であるトーナは、アルデバラン王国の王都サントルに小さな錬金術の店を構えていた。  その店はエルキア通りに面しており、中央通りにあるランカの花屋横の小道から5本先を曲がり、さらに小さな噴水の木が生えている側の道を進んでいると見つけられる。  彼女が作り出すモノはどれも効果は抜群。なぜなら類まれなる魔力と想像力を持っていたからだ。どちらも錬金術師にはとても必要なものである。 「今世こそ、のんびり暮らすわよ!」  前世、社畜であったリディの今世の目標は、のんびりまったり穏やかに暮らすこと。食うに困らない力は既に手に入れた。後は人生を謳歌するのみ!  の、はずが……。 「ようトーナ! 今日も暇そうにしてんな」  錬金術師のライバルである魔術師界の若きエースが絡んできたり、 「トーナ! 俺と冒険者パーティを組まないか!?」  と、S級冒険者に誘われたり、 「店を買い取ってやろう! 君ごとな!」  と、大商人のドラ息子がやってきたり、 「私の妃になるといい。きっと君にとっても国にとっても一番の幸せになる」  しまいには、王子様まで登場だ。 「ちょっとほっといてくれませんかね!!?」  平穏な毎日を守るために、トーナは今日も戦います!!?  トーナの錬金術店、開店です。 ※不定期更新中
24h.ポイント 49pt
小説 16,701 位 / 185,582件 恋愛 7,874 位 / 56,287件
文字数 84,604 最終更新日 2024.01.12 登録日 2023.12.08
恋愛 完結 短編 R15
【これはとある国で暗躍する殺し屋一族が、よその国の貴族達を巻き込んでお仕事をするお話】  ダリア・バルド男爵令嬢は侯爵家の三男アドルフ・ベイラーに溺愛されていた。 「僕はやっと真実の愛を見つけたんだ!」  そう言ってアドルフは婚約者だったルビー・フラン侯爵令嬢とあっさり婚約破棄した。これからは愛し合う2人で甘い甘い日々を過ごすはずだったのだが……。  ルビーが他国の王子に見そめられたと聞くと不機嫌になり、最近ではコッソリ会いに行っている様子。  さらにさらに、絶世の美女と名高い子爵令嬢との噂も立ち始めた。 「真実の愛ってなんですの?」  ダリアにはよくわからない。彼女は愛など知らずに育てられてきたのだから。  彼女が持っているのは幼少期から磨かれてきた殺しのスキルと、美貌と、暗殺対象に近付くための処世術だけだった。 「貴方が教えてくれるっておっしゃったんですよ?」  ダリアは今日も今日とて真実の愛を探します。 ※薄暗い空気のストーリーです ※ハッピーエンドと大声では言えない終わりです
24h.ポイント 7pt
小説 37,933 位 / 185,582件 恋愛 16,912 位 / 56,287件
文字数 16,954 最終更新日 2023.11.15 登録日 2023.11.12
恋愛 完結 短編 R15
 預言により未来の聖女としてチヤホヤされてきた伯爵令嬢アリソンは、新たな預言により男爵令嬢デボラにその地位を追われ、婚約者である王太子も奪われ、最後は家族もろとも国外追放となってしまう。ズタボロにされた彼女は全ての裏切り者に復讐を誓った……。  そんな『復讐姫アリソン』という小説の主人公に生まれ変わったことに、物語が始まる直前、運よく頭をぶつけた衝撃で気が付くことができた。 「あっぶねぇー!」  復讐なんてそんな面倒くさいことしたって仕方がない。彼女の望みは、これまで通り何一つ苦労なく暮らすこと。  その為に、とことん手を尽くすことに決めた。  別に聖女にも王妃になりたいわけではない。前世の記憶を取り戻した今、聖女の生活なんてなんの楽しみも見いだせなかった。 「なんで私1人が国の為にあくせく働かなきゃならないのよ! そういうのは心からやりたい人がやった方がいいに決まってる!」  前世の記憶が戻ると同時に彼女の性格も変わり始めていた。  だから彼女は一家を引き連れて、隣国へと移住することに。スムーズに国を出てスムーズに新たな国で安定した生活をするには、どの道ニセ聖女の汚名は邪魔だ。  そのためには悪役デボラ嬢をどうにかコントロールしなければ……。 「聖女も王妃も全部くれてやるわ! ……だからその他付随するものも全て持って行ってね!!!」 「アリソン様……少々やりすぎです……」  そうそう幼馴染の護衛、ギルバートの未来も守らなければ。  作戦は順調に行くというのに、どうも思ったようには進まない。  円満に国外出るため。復讐姫と呼ばれる世界を変えるため。  アリソンの奔走が始まります。
24h.ポイント 56pt
小説 15,283 位 / 185,582件 恋愛 7,233 位 / 56,287件
文字数 49,032 最終更新日 2023.10.13 登録日 2023.09.30
恋愛 連載中 長編
「悪いがトリシア、このパーティを抜けてもらいたい」  男1名、女2名のパーティだ。こうなることは薄々覚悟していたトリシアは、今日ついにパーティを追放された。  2人でイチャつくのに足手まといのヒーラーは邪魔なんだそうだ。  慰謝料代わりのパーティ預金を手に、トリシアは前世で憧れだった不労所得でウハウハ生活を目指す! 「どうせ冒険者なんて長く続けられないしね!」  まずはダンジョンと冒険者の街エディンビアで長期滞在する冒険者向けの賃貸経営だ。  トリシアは秘密のスキル【リセット】を駆使して古いモノでも壊れたモノでもなんでも直すことが出来る。もちろん、人間も。  どんな古い物件でもトリシアにかかれば新築同様だ。このスキルを活かさない手はない!    なにかと世話を焼こうとするイケメンS級冒険者ルークの力を借りて、冒険者にも平穏と安眠をお届けします!  え? 凄腕ヒーラーの力を借りたいって? 元パーティメンバー以外なら応相談です! 【ご挨拶】  おかげさまで本編完結いたしました。  初めてここまでの長編を書いたので、終わらせたくない気持ちも強かったのですがとりあえず一区切りです。  続きを書きたくなったらまた新たに投稿したいと思います。  今後、一部本編で回収できなかった話を番外編としていくつか投稿予定です。  もしよろしければもう少しだけお付き合いください。  お読みくださった皆様、本当にありがとうございました! 9/8  これにて完結しました。  お読みくださった皆様、改めて御礼申し上げます。    
24h.ポイント 56pt
小説 15,440 位 / 185,582件 恋愛 7,299 位 / 56,287件
文字数 246,234 最終更新日 2023.09.07 登録日 2023.03.16
恋愛 完結 短編
 テンペスト・ウェトウィッシュは侯爵家の末娘。16歳という貴族の中での適齢期を迎えるが、全く結婚する気は起きない。何と言っても彼女は前世の記憶持ち。前世で16歳と言えばまだまだ遊びたいお年頃だった。 「せっかく生まれかわれたんだから人生楽しまなきゃ!」  彼女が転生したこの異世界の何を気に入ったかって、魔法の存在だ。しかも彼女はラッキーなことに、魔法に関して天性の才能の持ち主として生まれた。 「私、魔法使いなりたい!」  という前世の願いが転生して叶ってしまった彼女は、新たな夢を見出した。 「私、冒険者になる!」  魔獣を狩って素材を剥がしてそれを売ったり、武器や装備を作ったり、依頼を受けてお姫様の護衛をしたり、ばっさばっさと敵を倒すのだ!  アンラッキーなことに、彼女の家族はその夢を歓迎しなかった。貴族の令嬢として彼女に求められるのは、旦那様に尽くす、大人しく美しい淑女だった。  ある日騙されて連れていかれたのは、まさかの自分の結婚式。テンペストの夫となるのは、ウェンデル・ブラッド公爵。血も涙もない冷血な男だと貴族社会で噂になっている男だった。 (はあああ!?)  なりたくもなかった花嫁姿の自分に見向きもしない夫に思わずイラっとしたテンペストは、すぐに人生の計画を練り直した。  ブラッド領には有名な地下ダンジョンが存在した。冒険者の街としても有名なのだ。そこでテンペストは冒険者になることに。 「冒険者として名を上げて、大恥かかせたらぁ!!!」  ブラッド公爵家の嫁が冒険者なんて知られたら、あの冷血夫がどんな顔をするか楽しみだと、テンペストはルンルンで今日もダンジョンへと入って行く。それに冒険者として生活できるようになれば離婚だ! となったって問題ない。  だが、順調に冒険者を続けていたテンペストには予想外のことが。 「なんて美しい人なんだ!」  変装した自分の夫が、妻とは気づかず自分に惚れてしまったのだ。 「……アホかな?」  夫の浮気判定に迷いながらも、今日もテンペストは人生を楽しみます!
24h.ポイント 227pt
小説 5,743 位 / 185,582件 恋愛 2,726 位 / 56,287件
文字数 76,670 最終更新日 2023.08.25 登録日 2023.08.10
 社会人の麻倉 陸はテレポートの能力を持つ超能力者だ。もちろんそれをひた隠しにして生きてきた。何せ彼は両親に捨てられて施設で暮らしていたのだから。 「バレたら絶対にヤバい組織に連れていかれる……!」  むしろ両親はそのせいで自分を捨てたか、もしくは既に悪の組織の手に落ちたのかもしれないとさえ思っていた。  ある日仕事の帰り道、歩きスマホの女性を見かけた。 (危ないぞってほら……)  案の定、女性は向かいから歩いてきた別の女性とぶつかり、スマホが車道へと投げ出されてしまう。   「おい! 嘘だろ!」  そのスマホを拾おうと急に車道へと飛び出した女性を突き飛ばし、トラックにぶつかる直前、彼はテレポートした。  (これって異世界に転生するやつじゃん!)  直前にそんなことを想像したからだろうか? 彼は本当に異世界に転移してしまったのだ。もちろん、魔法も魔物も貴族も奴隷も冒険者もいる世界。  幸運なことに、何故だかこの世界の言葉は理解できた。というより、薄っすらと見覚えのある景色……。 (夢で見たことあるな)  異世界転移の発動条件を探しながら、野垂れ死にするわけにもいかないので、陸は生きていくためにテレポート能力を使って働くことに。 『おお! 移動スキル持ちか!』  どうやらテレポートはこの世界でもちょっぴりレアな能力らしい。  元来のトラブル巻き込まれ体質も、どうにかスキルで逃げ切って見せます!  陸の異世界生活、始まりです。 
24h.ポイント 0pt
小説 185,582 位 / 185,582件 ファンタジー 42,695 位 / 42,695件
文字数 30,784 最終更新日 2023.05.25 登録日 2023.04.28
 伯爵令嬢エミリアは実家が没落した。  母はすでになく、父は「冒険者になる!」と家を出てしまっていた。エミリアの父は自分のせいで出来た借金をどうにかしようと、家族を残したまま、一攫千金を狙って国外へ旅立った。 「せっかく貴族に転生したっていうのに! あのクソ親父!!!」  そう。エミリアは転生者だったのだ。  だが没落するまで現状に満足し、転生者知識を使うことなく生きてきた為、今更どうしようもなくなってしまっていた。商売を始める元手すらないのだ。 「すまないエミリア……お前を学園へやる金もないんだ……」 「嘘でしょー!!?」  父の代わりに奔走する兄に告げられ絶望するエミリア。この世界、16歳を迎える貴族は須らく王立学園へ入学する。もちろん学費は高額であるが、その学園を出ていない貴族はまともな婚姻も就職先も望めない。  裕福であるはずだった実家に寄生するつもりでいたエミリアはこちらの面でも何の準備もしてこなかった。 「人生詰んだ……」  そんなエミリアの噂を聞きつけてか、一台の豪華な馬車がやってきた。どうやら最近噂の公爵家のものらしい。 「エミリア嬢、娘の代わりに『悪役令嬢』をやってもらいたい」 「はああ!?」  『悪役令嬢』なんて単語、久しぶりに聞いたエミリアだったが、 「もちろん報酬は弾む。この家を建て直すには十分なはずだ」 「喜んでー!」  そうして始まったエミリアの学園生活。入学後、すぐに彼女は気が付いた。 「ここ、いけこれの世界じゃね?」    俺様王太子 アーサー  腹黒眼鏡宰相の息子 ベイル  ミステリアスな大神官の息子 レイル  女ったらしの隣国王子 イクリス  マッチョおっとり騎士団長の息子 ガイヤ   どう考えてもこの顔ぶれ、前世で彼女の姉がハマっていた乙女ゲーム『いけめんこれくしょん』の世界だ。  だがどうやら少々ゲームとは違う様子……ヒロインであるアイリスの様子がおかしい。それに攻略キャラクター達も……。   「この! 親の七光りどもがぁぁぁ!」   今日も今日とてエミリアの怒号が学園に響く。  エミリアは無事学園を卒業できるのか!?     いい縁談をゲットできるのか!?     それがだめならホワイト企業に就職したい!!!  そんなエミリアのドタバタなお話。  ※ただノリと勢いの作品です。ご注意ください。ノリと!勢いです!
24h.ポイント 14pt
小説 31,217 位 / 185,582件 恋愛 13,665 位 / 56,287件
文字数 33,202 最終更新日 2023.05.02 登録日 2023.02.24
恋愛 完結 長編 R15
 レミリアは前世の記憶を持つ悪役令嬢だった。  前世で大人気だった乙女ゲーム『ラブマリ』の世界に転生してしまったマリロイド王国公爵令嬢レミリアは、卒業式での断罪を避けようとあらゆる努力を重ねるが、どういうわけか冤罪に冤罪を重ねられ、結局は断罪コース。  よりにもよってヒロインが選んだのはレミリアの婚約者、王太子アルベルト。ヒロインがこのルートを選んだということは、レミリアは国外追放だ。 「レミリア・ディーヴァ! 君との婚約は破棄させてもらう! 君の醜悪さには耐えられない!」 「この国の未来の聖女への数々の所業、とても許されるものではない! よって国外追放とする!」  案の定の展開に、これまでの努力を思うとガックリと力が抜けないわけではなかった。  そして同時にこう思った。 (もうどーでもいいわ!)  この時のためにしっかり保険は掛けていた。 「真実の愛だけで国を守れると思うなよ!!!」  そう捨て台詞を吐いて向かったのは大賢者ジークボルトのいる隣国ベルーガ帝国。 「先生! 私あの国潰します!」 「どうぞどうぞ」  いつの日か私を蔑ろにしたあいつらに一矢報いる為に、イケメン師匠とイケメン兄弟子と共に、今日も今日とて修行の日々だ。  だが、レミリアが手を下す前だというのに故郷のマリロイド王国は勝手に滅亡へ向かっていく。 「ちょっとちょっと! 私がやるまで滅びないでよ!?」  滅ぼしたいほどムカついているけれど、いざそうなると躊躇われる。それが故郷。 「もう君は自由だ。好きに生きていいんだよ?」  そんな師匠の言葉を間に受け、本気でやりたいように生きる、そんなレミリアの自由な物語。
24h.ポイント 21pt
小説 26,613 位 / 185,582件 恋愛 11,902 位 / 56,287件
文字数 124,471 最終更新日 2023.03.15 登録日 2023.02.11
恋愛 完結 短編 R15
 娼婦のミケーラは流行り病で死んでしまう。 (あーあ。贅沢な生活してみたかったな……)  そんな最期の想いが何をどうして伝わったのか、暗闇の中に現れたのは、王都で話題になっていた悪女レティシア。  そこで提案されたのは、レティシアとして贅沢な生活が送れる代わりに、彼女を陥れた王太子ライルと聖女パミラへの復讐することだった。 「復讐って、どうやって?」 「やり方は任せるわ」 「丸投げ!?」 「代わりにもう一度生き返って贅沢な暮らしが出来るわよ?」   と言うわけで、ミケーラは死んだはずのレティシアとして生き直すことになった。  しかし復讐と言われても、ミケーラに作戦など何もない。  流されるままレティシアとして生活を送るが、周りが勝手に大騒ぎをしてどんどん復讐は進んでいく。 「そりゃあ落ちた首がくっついたら皆ビックリするわよね」  これはミケーラがただレティシアとして生きただけで勝手に復讐が完了した話。
24h.ポイント 71pt
小説 13,383 位 / 185,582件 恋愛 6,388 位 / 56,287件
文字数 26,388 最終更新日 2023.02.18 登録日 2023.02.12
恋愛 完結 短編 R15
 メルは乙女ゲーム「ラブコレ」の、なんちゃって悪役令嬢のはずだった。偶然にも前世の記憶を取り戻せたので、大人しくモブとして暮らしていこうと決めていた。  幼馴染でメインキャラクターの1人であるジルのことが好きだったが、彼とはライバル以上にはなれないと諦めてもいた。  だがゲームと同じく、学園が始まってしばらくするとヒロインのアリスが逆ハーレムルートを選んだことに気がつく。 「いや、大人しく第一王子でも選んどけよ!」  ジルにとって……いや、他のキャラにとっても幸せとは言えない逆ハールート。それなら自分も……と、メルはジルへの気持ちを解禁する。  少なくとも絶対に逆ハールートを成功させたりなんかしないわ! 悪役令嬢? いくらでもなってやる!
24h.ポイント 7pt
小説 37,933 位 / 185,582件 恋愛 16,912 位 / 56,287件
文字数 16,789 最終更新日 2023.02.12 登録日 2023.02.02
恋愛 完結 短編 R15
 アイリスには前世の記憶がある。それが役に立つ時もあったが、1番のトラウマである、家に帰ったら同棲中の彼氏が別の女と浮気中だった記憶が今世でも彼女を苦しめていた。 「愛のない結婚ならいいです」  その望み通り、アイリスは会ったこともない隣国の王子と結婚した。    そして初夜を迎えるはずの寝室にいたのは、裸の男女。 (ああ、前世でやり残したことをここでやれってことね)  今世では泣き寝入りはしない。徹底的に潰して差し上げます。
24h.ポイント 35pt
小説 20,489 位 / 185,582件 恋愛 9,383 位 / 56,287件
文字数 18,739 最終更新日 2023.02.11 登録日 2023.02.04
11