織侍紗(@'ω'@)ん?

織侍紗(@'ω'@)ん?

気ままに更新します。伸びなきゃソッコーでエタって新作書きます。 twitter→@ojisan_syousetsu
4
恋愛 連載中 ショートショート
「テミス……君を守ることなど、ごめんだな」  十五を迎えたとある日、男爵令嬢のテミスは婚約者であったジュールからそう告げられた。実質的な婚約破棄だった。    そして、次の日、双子の兄であるアポロが目を覚まさなくなってしまった。  そのアポロが騎士学校へ入学する前日、長い髪を切ったテミスが両親にこう告げたのだった。 「私がアポロ兄さんの代わりに騎士学校へ行きます!」  実は剣の腕もたつテミスが騎士学校に行ってざまぁする話。  「あなたがジュール先輩か……妹に暴言を吐いてくれて……婚約破棄でしたっけ? もちろん覚悟はできてますよね?」(実は本人)
24hポイント 191pt
小説 4,832 位 / 77,026件 恋愛 2,094 位 / 20,306件
文字数 2,143 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.19
恋愛 連載中 ショートショート
 男爵令嬢であるバーバラはクラリス王国の時期守護聖女として期待されていた。  しかし、彼女の元に現れたのはふわふわでもっふもふの小さな犬のような守護獣。  守護獣とは国の威信をかけた存在と言っても過言ではないのに、呼び出されたのはちっぽけな可愛らしい犬のような守護獣。  他国は龍や麒麟など巨大で強そうな守護獣ばかり。  これでは他国にバカにされるから、そんな弱そうな守護獣との契約を破棄しろ! と迫る婚約者のイスカル王子の言葉を受け入れず、守護獣を守ったバーバラは婚約破棄を言い渡されてしまう。そして男爵の称号も剥奪すると宣う。  そしてバーバラは、家に迷惑はかけられない……と守護獣とともに旅立つ話。  でも守護獣は世界を滅ぼせるほど強かったのでした。
24hポイント 2,861pt
小説 609 位 / 77,026件 恋愛 324 位 / 20,306件
文字数 10,257 最終更新日 2020.06.19 登録日 2020.06.10
SF 連載中 長編
 四十歳を目前にしてリストラされたおっさんの月守 葵(つきもり あおい)はリストラのショックを紛らわそうと、かつて楽しんでいた『Lunatic brave online』というMMORPGの続編である『Lunatic brave online IV』というフルダイブ型のVRMMORPGを初めることにする。  ステータスはDEX極振り。それは以前と同じプレイスタイルだったから。  しかし、『Lunatic brave online IV』は自分が楽しんでいた『Lunatic brave online』と仕様が変わっておりDEXは命中率と生産スキルの成功率にしか関係なく、全く火力に関係ないステータスとなってしまっていた。街ではDEXに極振りなんてするものはいないと馬鹿にされる始末。  「なら生産職として楽しむか」  ゲーマーとしての意地もあり、葵はポジティブに生産職を極めようと試行錯誤を繰り返す。そんな中、とあるきっかけでクランを設立することとなる。  旅立っていく者、新しく集う者。様々な新旧の仲間たちが葵を慕い、集うのだが、彼らは得てして『Lunatic brave online IV』の有名人物として名を馳せる。人々は彼らに憧れを抱くが、その中心人物である葵の名は決して表に出ることはなかった。それは彼らが真に葵を慕っているから。葵の楽しみを奪うことなどしたくないから。  これは『Lunatic brave Online IV』の中で至高のクランと称えられたクランを作り上げた月守 葵のプレイ日記である。  カクヨム、小説家になろうにも投稿しております。  小説家になろうが先行公開です。    カクヨムで現代ファンタジージャンル日間一位獲得!  なろうでVRジャンル日間一位獲得!
24hポイント 788pt
小説 1,573 位 / 77,026件 SF 20 位 / 2,477件
文字数 106,723 最終更新日 2020.04.26 登録日 2020.03.20
ファンタジー 連載中 長編 R15
 高校三年生のケントはある日帰宅しようと教室の扉を開けた。しかし、そこにあるはずの廊下は無く異世界の城に繋がっていた。異世界人のみに与えられる「紋章」の力を求めたプラトン王国の聖女が異世界勇者召喚の儀式を行ったからだ。  その儀式に巻き込まれたケントにも例に漏れず「紋章」の力が発現する。  「剛力紋」や「魔導紋」などの様々な「紋章」の力がクラスの皆に発現するが、ケントに現れた「紋章」は王国の学者も知らないものだった。しかし、その後に行われたステータスチェックを行うと同時にケントは捕らえられてしまう。  ケントが戸惑っていると、目隠しをされて外に連れ出される。着いた場所は森の中。そして連れ出した騎士はケントに言った。  ケントの「紋章」は、「弱体紋」という「紋章」で戦えば戦うほど弱くなっていくという「紋章」であると。  ケントは役に立たないとされ、魔の森と呼ばれる森に棄てられたのだった。  剣を与えられたものの行くあてもなく、魔の森を彷徨っていたケントに叫び声が聞こえた。駆けつけると、一人の少女が魔物に襲われている。ケントは堪らず庇い、少女を逃がし魔物と戦い、難なく勝利するが、その時に体が重くなったように感じ「紋章」の効果に戦慄する。  魔物と戦ったことにより、周囲の魔物に気付かれ数々の魔物に襲われてしまう。重くなり、傷付いた身体で潜むケントは近づく足音を聞いた。魔物に襲われて死ぬと思ったケントの前に現れたのは、先程庇った少女であった。  その獣人の少女に案内されて、ぽつんと佇む一軒の家に辿り着く。その家に住むのは彼女と一人の老エルフだった。その老エルフはケントの「弱体紋」を見てこう語る。その「紋章」は最強の「紋章」であると……  これは虐げられた少年が、比類なき力を手に入れて旅をするおはなし。
24hポイント 326pt
小説 3,210 位 / 77,026件 ファンタジー 747 位 / 22,264件
文字数 104,112 最終更新日 2020.01.31 登録日 2019.10.26
4