6
恋愛 連載中 短編
 レイチェル・リングルースは母親の命を引き換えに生を受けた。  愛する母を妻を奪った元凶として、姉には嫌われ、父には見向きもされない。  食事すら家族と一緒に食べたことはなく、他の子供を招いてのパーティーが開かれてもレイチェルは部屋にいるように言われるだけだった。  いくら嫌われ蔑まれようと、レイチェルは姉の幸せを望んだ。彼女の恋が実ることを願った。  何故なら、レイチェルは二度目の人生を心の赴くまま楽しもうと決めていたからである。
24hポイント 546pt
小説 2,780 位 / 148,895件 恋愛 1,361 位 / 46,863件
文字数 17,885 最終更新日 2022.07.26 登録日 2022.07.22
恋愛 完結 ショートショート
王家から是非にとお願いされて参じた見合いの席。 そこにいたのは、能面な第二王子だった。
24hポイント 390pt
小説 3,828 位 / 148,895件 恋愛 1,887 位 / 46,863件
文字数 5,412 最終更新日 2022.07.25 登録日 2022.07.25
恋愛 完結 長編
「君には大変申し訳なく思っている」 私の婚約者はそう言って、心苦しそうに顔を歪めた。「私が悪いの」と言いながら瞳を潤ませている、私の妹アニエスの肩を抱きながら。 アニエスはいつだって私の前に立ちはだかった。 これまで何ひとつとして、私の思い通りになったことはない。すべてアニエスが決めて、両親はアニエスが言うことならと頷いた。 だからきっと、この婚約者の入れ替えも両親は快諾するのだろう。アニエスが決めたのなら間違いないからと。 もういい加減、妹から離れたい。 そう思った私は、魔術師の弟子ノエルに結婚を前提としたお付き合いを申し込んだ。互いに利のある契約として。 だけど弟子だと思ってたその人は実は魔術師で、しかも私を好きだったらしい。
24hポイント 624pt
小説 2,454 位 / 148,895件 恋愛 1,205 位 / 46,863件
文字数 77,129 最終更新日 2022.07.12 登録日 2022.06.05
「恋をしてみたい」 輿入れが決まったお姫様はそう願い、訪れた別荘で一人の少年と出会った。
24hポイント 14pt
小説 29,057 位 / 148,895件 恋愛 13,170 位 / 46,863件
文字数 6,016 最終更新日 2022.06.27 登録日 2022.06.27
エイシュケル王国第二王女ライラ。 だけど私をそう呼ぶ人はいない。毒姫ライラ、それは私を示す名だ。 ひっそりと森で暮らす私はこの国において毒にも等しく、王女として扱われることはなかった。 そんな私に、十六歳にして初めて、王女としての役割が与えられた。 それは、王様が愛するお姫様の代わりに、暴君と呼ばれる皇帝に嫁ぐこと。 「これは王命だ。王女としての責務を果たせ」 暴君のもとに愛しいお姫様を嫁がせたくない王様。 「どうしてもいやだったら、代わってあげるわ」 暴君のもとに嫁ぎたいお姫様。 「お前を妃に迎える気はない」 そして私を認めない暴君。 三者三様の彼らのもとで私がするべきことは一つだけ。 「頑張って死んでまいります!」 ――そのはずが、何故だか死ぬ気配がありません。
24hポイント 28pt
小説 21,663 位 / 148,895件 恋愛 10,101 位 / 46,863件
文字数 116,125 最終更新日 2022.06.07 登録日 2021.06.02
恋愛 完結 長編
公爵令嬢クラリスは人生を繰り返している。始まりはいつも五歳からで、終わりは十六歳。 婚約者のハロルドに婚約破棄を言い渡されたその場で、意識が途切れる。 毎回毎回ハロルドの横には同じ令嬢がいた。 彼女に取られないように努力したクラリスだが、結果は変わらない。 そうして繰り返すこと六回目。お決まりの婚約破棄の言葉と共に、意識が途切れた。 「なんかもう、いいや」 諦めの境地に達したクラリスは、七回目の人生はハロルドに愛されようと努力するのをやめて好きに生きることにした。
24hポイント 92pt
小説 11,323 位 / 148,895件 恋愛 5,397 位 / 46,863件
文字数 179,820 最終更新日 2021.01.28 登録日 2020.04.09
6