なんでも思い通りにしないと気が済まない妹から逃げ出したい

「君には大変申し訳なく思っている」

私の婚約者はそう言って、心苦しそうに顔を歪めた。「私が悪いの」と言いながら瞳を潤ませている、私の妹アニエスの肩を抱きながら。

アニエスはいつだって私の前に立ちはだかった。
これまで何ひとつとして、私の思い通りになったことはない。すべてアニエスが決めて、両親はアニエスが言うことならと頷いた。
だからきっと、この婚約者の入れ替えも両親は快諾するのだろう。アニエスが決めたのなら間違いないからと。

もういい加減、妹から離れたい。
そう思った私は、魔術師の弟子ノエルに結婚を前提としたお付き合いを申し込んだ。互いに利のある契約として。

だけど弟子だと思ってたその人は実は魔術師で、しかも私を好きだったらしい。
24hポイント 3,109pt
小説 613 位 / 148,893件 恋愛 301 位 / 46,944件