5
双子が疎ましく思われるシュテルツ王国で、双子の王子が生まれた。 案の定、双子の弟は『嘆きの塔』と呼ばれる城の離れに隔離されて、存在を隠されてしまった。 そんな未来を見た神様はその子に成り代わって、生きていく事にした。 これは、国に捨てられた王子が国に認められるまでの話。 全12話で完結します。
24hポイント 9,563pt
小説 123 位 / 37,735件 ファンタジー 73 位 / 13,455件
文字数 23,389 最終更新日 2018.12.16 登録日 2018.12.05
影が薄い事で、他人に認識されない事が多い、白石陽翔。 昼食を外で食べている最中に近くで、学校一イケメンと言われる、桐生大翔が近寄ってくる。タイミングが悪いことにその際、大翔の足元に魔法陣が発動しているのに陽翔は気付く。けれども、すでに時遅し。 陽翔も魔法陣吸い込まれてしまうのであったー・・・。
24hポイント 347pt
小説 1,833 位 / 37,735件 ファンタジー 660 位 / 13,455件
文字数 12,911 最終更新日 2018.02.22 登録日 2018.02.05
死んでしまった片瀬彼方は、突然異世界に転生してしまう。しかも、赤ちゃん時代からやり直せと!?何げにステータスを見ていたら、何やら面白そうなユニークスキルがあった!! そのスキルが、随分チートな事に気付くのは神の加護を得てからだった。 亀更新で気が向いたら、随時更新しようと思います。ご了承お願いいたします。
24hポイント 276pt
小説 2,187 位 / 37,735件 ファンタジー 787 位 / 13,455件
文字数 114,661 最終更新日 2018.02.20 登録日 2017.10.14
グレンファン王立魔術学校の落ちこぼれのクレト。成績はいつも最下位。実技も最下位のダメダメ魔術師。 しかし、クレトには本人ですら知らない能力を持っていたのだ。 その名も治癒魔術。 クレトは治癒魔術が使える魔術師だったのだ。この国では治癒魔術が使える魔術師は誰もいない。趣味もポーション作りで、本人が作ったポーションは回復力が半端ない事に誰も気付かない。ポーション作りは必須授業ではなかったからだ。なんせ、彼は落ちこぼれだったから、注目される事もなかったのだ。 所謂、回復系チートであるが、本人は露知らず。その発動方法も突飛なものだったのだ。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 私にしては珍しく転生物ではないという話です。タイトルも若干意味不明な感じ好きです。略して『ととと』・・・なんて。一話あたり800~1000ページくらいを目安に更新したいと思います。
24hポイント 78pt
小説 4,411 位 / 37,735件 ファンタジー 1,386 位 / 13,455件
文字数 10,389 最終更新日 2017.12.19 登録日 2017.12.10
モブに徹していた少年がなくなり、転生したら乙女ゲームの悪役になっていた。しかも、王族に生まれながらも、1歳の頃に誘拐され、王族に恨みを持つ少年に転生してしまったのだ! そんな運命なんてクソくらえだ!前世ではモブに徹していたんだから、この悪役かなりの高いスペックを持っているから、それを活用して、なんとか生き残って、前世ではできなかった事をやってやるんだ!! 最近よくある乙女ゲームの悪役転生ものの話です。 だんだんチート(無自覚)になっていく主人公の冒険譚です(予定)です。 チートの成長率ってよく分からないです。 初めての投稿で、駄文ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 会話文が多いので、本当に状況がうまく伝えられずにすみません!! あ、ちなみにこんな乙女ゲームないよ!!という感想はご遠慮ください。 あと、戦いの部分は得意ではございません。ご了承ください。
24hポイント 298pt
小説 2,069 位 / 37,735件 ファンタジー 751 位 / 13,455件
文字数 182,048 最終更新日 2017.12.05 登録日 2017.07.30
5