一色孝太郎

一色孝太郎

2
ファンタジー 連載中 長編 R15
王都の貧しい母子家庭で育つ 8 才の少年アレンは、母子二人で貧しいながらも幸せな生活を送っていた。ところがある日、前世の記憶が突然蘇った彼はここが乙女ゲームの世界で、このままでは王都が戦争によって滅亡することを思い出す。 このままでは母も自分も殺されてしまう! そんな危機感を覚えた彼は大切な母の命を救うため、そしてその乙女ゲームで唯一気に入ってた悪役令嬢アナスタシアをそのあまりにも悲惨な破滅エンドから救い出すため、成り上がりを決意する。 これは、ゲームの登場人物ですらない彼がその固い意志で努力を続け、ゲームの知識、航空エンジニアの知識、そして銃オタクの知識と持てる力を総動員して運命に抗い、逆転する物語である。 ※完結まで執筆済みです(現時点で三十万字ほどの予定です) ※本作品は小説家になろう様でも同時掲載しております(8/17~9/12,14~18,20-23日間ジャンル別ランキング 1 位、8/23,25~28,31,9/7日間総合ランキング 1位、8/20~9/23週間ジャンル別ランキング 1 位、8/24~9/6週間総合ランキング 1 位、8/28~9/23月間ジャンル別ランキング 1 位、9/14~23月間総合ランキング 1 位獲得、9/21~23ジャンル別月四半期ランキング 1 位)
24hポイント 18,656pt
小説 142 位 / 83,384件 ファンタジー 41 位 / 24,163件
文字数 280,157 最終更新日 2020.09.23 登録日 2020.08.09
ちょっと VRMMO でネカマをする趣味があるだけのごく普通の男子大学生、そんな彼がふと気が付くと知らない場所にいてハゲたおっさんが転生させてやる、などと意味不明なことを口走っていた。この状況を新作 VRMMO のキャラメイク画面だと勘違いした彼は、そのおっさんから転生設定のタブレットを奪い取り思うがままに適当なキャラ設定をする。こうして「ぼくのかんがえたさいきょうのきゅうけつき」を作成した彼は、詳しい説明も聞かず勝手に転生をしてしまう。こうしてゲームと勘違いしたまま女吸血鬼フィーネ・アルジェンタータとして転生を果たし、無双するべく活動を開始するのだが、なんとその世界の吸血鬼は全人類の敵と忌み嫌われる存在だった。ところが、あまりに滅茶苦茶な設定をしたせいで誰からも吸血鬼だと信じてもらえず、そして何故かそのまま人類の希望である聖女へと祭り上げられてしまう。 No とは言えない日本人気質、それなりに善良、そしてゲームの世界と侮って安易な選択を取った彼女(?)が流れ着いた先に見るものとは……? ※小説家になろう様にも同時投稿しております ※ 2020/05/19 「小説家になろう」様にて公開済みの内容はこちらでもすべて公開済みとなっております
24hポイント 569pt
小説 2,045 位 / 83,384件 ファンタジー 587 位 / 24,163件
文字数 702,645 最終更新日 2020.09.23 登録日 2020.05.18
2