傭兵の男が女神と呼ばれる世界
アルファポリス

傭兵の男が女神と呼ばれる世界

ビリー・バリバリー / 装丁・本文イラスト
俺が国母となって国を救え!?
フリーの傭兵として働く37歳の雄一郎はゲリラ戦中、手榴弾の爆撃に吹き飛ばされ意識を失い、気が付くと、見知らぬ世界にいた。その世界では現在、王位を争って王子達が内乱を起こしているという。どうやら雄一郎は、【正しき王】である少年を助け国を救うために【女神】として呼び出されたようだ。おっさんである自分が女神!? その上、元の世界に帰るためには、王の子供を産まなくてはならないって!? うんざりする雄一郎だったが、金銭を対価に異世界の戦争に加わることになり――
■単行本 ■定価1,200円 + 税 ■2020年09月30日発行
Amazon.co.jp 楽天ブックス セブンネットショッピング honto

CHECK!!

  • 登場人物紹介