アルファポリス

探偵手帳2

大好評!「本当の探偵物語」第2弾!
「息子が生きとるときは幸せやったとです。親より早よう死によってからに…」父親はつぶやくように言った。小さな声だがそれは息子に先に逝かれた親の悲痛な叫びなのだ。最も大切なものを亡くした人間の叫びなのだ。僕はしばらく体が動かなかった。(「天涯孤独な女」より) ――ベテラン探偵の著者が思い出深い案件を綴った好評「探偵手帳」第2弾
■文庫本 ■定価560円 + 税 ■2007年04月25日発行
amazon 楽天ブックス セブンネット honto

CHECK!!

  • 目次






    「鬼畜の性」 


    40歳を目前にようやく結婚を決意した女性。しかし相手の男性の正体は信じがたいものだった……




    「同級生」  


    真面目な大学生のはずの息子が隠れて借金を。そこには親には言えない息子の裏事情と優しい素顔が……




    「息子の恋人」 


    対人関係の苦手な息子がネットを通じて恋愛関係に。しかし相手とまだ直接会ったことがないという……




    「天涯孤独な女」 


    地味で堅実な人生を送ってきた男が初めて結婚を決意した女性。彼女は自らを「天涯孤独な女」と言うのだが……




    「バガボンド探偵・新宿夏の陣」 


    フリー探偵となった僕に新宿の興信所から呼び出しが。風俗店である女性を指名し、受けたサービス内容を報告して欲しいという……






    マスコミに続々紹介!前作「探偵手帳」はこちら

  • 書店さんPickUP!

    “装丁が目を引きますね!”…「ブックス隆文堂」


    熱烈な応援、有難うございます!「福家書店新宿サブナード店」

著者の他の書籍