婚約者と幼馴染があまりにも仲良しなので喜んで身を引きます。




「あーーん!ダンテェ!ちょっと聞いてよっ!」

甘えた声でそう言いながら来たかと思えば、私の婚約者ダンテに寄り添うこの女性は、ダンテの幼馴染アリエラ様。


「ちょ、ちょっとアリエラ…。シャティアが見ているぞ」

ダンテはアリエラ様を軽く手で制止しつつも、私の方をチラチラと見ながら満更でも無いようだ。


「あ、シャティア様もいたんですね〜。そんな事よりもダンテッ…あのね…」


この距離で私が見えなければ医者を全力でお勧めしたい。


そして完全に2人の世界に入っていく婚約者とその幼馴染…。


いつもこうなのだ。
いつも私がダンテと過ごしていると必ずと言って良いほどアリエラ様が現れ2人の世界へ旅立たれる。




私も想い合う2人を引き離すような悪女ではありませんよ?
喜んで、身を引かせていただきます!










短編予定です。
設定緩いかもしれません。お許しください。
感想欄、返す自信が無く閉じています


24hポイント 174,135pt
小説 2 位 / 143,834件 恋愛 2 位 / 44,887件