童貞じゃねえし! 処刑されてねえし! 生きてるっての!

禿による刃傷沙汰で、一人の侍が命を落とした。
時は幕末、女郎街。横浜は永真遊郭。
筋を通さぬ客に、仕置きを見舞う始末屋下っ端の八徳は、その禿の首代としてお白州に引き出された。
八徳自身が、侍を殺した下手人として、お奉行に裁かれることになるのだ。

「Hey What's you so funny? What do you looking at ass White!?」

侍殺しを自供した、遊郭の男に未来はない。あとは死罪を待つばかり。
そんな時だ。八徳が、眉間にしわを寄せ、目に力を込め、エゲレス語を放ったのは。
言を受け取った、お奉行のそばに立つ西洋の人形を思わせる美しい面立ちの少女は、嗜虐的な表情、猟奇的に、唇を釣り上げ、歯を見せた。


注).この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
 また、作中に出てくる蔑称は時代考証を反映しております。
 他、一部史実に反している箇所がございます。
 設定上、本文に英語も出てまいりますが‥‥‥文法や使いまわしの酷さ。許してくださいっ!
24hポイント 0pt
小説 64,034 位 / 64,034件 ミステリー 1,596 位 / 1,596件