「こんばんは、死神です」そう言って俺の元にやって来たのはリクルートスーツを着た小柄な女の子でした

主人公、小野寺 勇樹は振り込め詐欺の番頭として荒稼ぎをし、ほとぼりが冷めるまでの間、詐欺の稼ぎで自堕落な生活を送っていた。

ある日、小野寺が宅配ピザの配達を待っていると、アパート居室のインターホンが来客を告げる。ピザが来たと思い、玄関ドアを開ける小野寺。

しかし、そこに立っていたのは濃紺のリクルートスーツを着た小柄な女の子であった。 女の子は自分が死神見習いである事、そして小野寺が1週間後に死ぬ運命にあるので、霊界までエスコートをする為に迎えに来たことを告げる。

小野寺は自分が1週間後に死ぬのであれば、人生の最後に旅に出る事を考える。

かくして振り込め詐欺犯と死神見習いの女の子との奇妙な旅が始まる。



表紙イラスト・タイトルロゴデザイン:真崎 零
24hポイント 0pt
小説 139,936 位 / 139,936件 ファンタジー 34,283 位 / 34,283件