恋と鍵とFLAYVOR

高校生の時好きな彼は事故で死んだ。私は彼の恋人でも、友達でもなかった。ふとしたことで亡くなった彼の部屋に入ることになった私はそこで彼が残していったものを見つけた。私はそれを手がかりにして今はいない彼の姿を求めて彷徨う。彼の残したものとはそこにあるはずがないものだった。
24hポイント 0pt
小説 68,205 位 / 68,205件 恋愛 17,491 位 / 17,491件