殿様

関ヶ原の合戦の戦後処理が進んでいる晩秋の上州沼田。
城中に集められた家臣達は、暗い顔をして押し黙って、主君の前で平伏していた。
それはさながら人間の海のようであった。
殿様は暗い目で、その押さえつけ得られているような凪の海を眺めていた……。

※この作品は作者個人サイト・小説家になろう・カクヨムでも公開しています。
24hポイント 0pt
小説 57,682 位 / 57,682件 歴史・時代 741 位 / 741件