箱庭を視るモノ

「私はこの世界を視る者。人間のためにならない《《モノ》》は、躊躇も、容赦も、慈悲もなく、消しさります。」

マテリアライザーのツカサは”傭兵”として街から街へと渡り歩く。目的はあれども行き先がわからないまま・・・。

明るいコメディのライトノベルを目指したのですが、展開によりブルーなストーリーに。
数エピソードで構成される章(話)単位に公開していきます。
徐々に明かされる背景と共にお楽しみいただけたらと思います。

※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 57,352 位 / 57,352件 ファンタジー 18,805 位 / 18,805件