神殺し革命

5年前、神々の存在が強く信仰され、魔法や魔術が存在する大陸・エルシオンの中心部分に位置する≪ロナンディア王国≫では、王権神授説により肯定化された絶対君主制による支配が続き、第三身分の平民は苦しめられていた。

そんな中ついに平民達は革命を起こし、王宮を襲撃した。

その革命の中心にいたのは、女神でも神官でもなく8人の謎の獣人達。

彼らは神すら恐れる魔獣や神獣に姿を変え、王国軍の中でも最強と謳われた「天騎士」と激闘を繰り広げ、瞬く間に革命を成功させ、市民からは「英雄」と敬われ、王家からは「悪魔の化身」と恐れられた。

そして彼らは「神殺し」と呼ばれるようになり、伝説を残した。

今は革命から5年程経つが、「神殺し」の正体を誰もが知っているわけではない。

そして王国は新しく『ロナンディア共和国』となり、ようやく落ち着いてきた頃である。

鍛冶屋の息子の少年レオナードは今日も首都.ユレイジアで平穏に暮らしている。

そう、今はまだ……。
24hポイント 0pt
小説 91,209 位 / 91,209件 ファンタジー 25,554 位 / 25,554件