吸血鬼が家政夫

ある日、我が家で雇うことになったのは若くてイケメンな吸血鬼だった。
彼はうちのばあちゃんの友人だった――が、ばあちゃんは田舎に引っ越していて、とりあえず食生活に困っている我が家で家政夫(けっして居候とかではなく)をすることになった。
その彼の料理はさすがに美味く、朝・昼・晩と彼の世話になっている。
いつか、私の大好きなケーキも作ってくれますように。
24hポイント 0pt
小説 125,314 位 / 125,314件 大衆娯楽 4,630 位 / 4,630件