俺が子連れエルフに一目惚れした話

新しい奴隷を買うため、懇意にしている奴隷商の元を訪れると、そこにはとても美しいエルフがいた。
しかしそのエルフは子連れ。
・・・助けを求められたなら、助けない道理はない!

けれど、俺に彼らを愛することが出来るだろうか?
“普通”ではない主人公がエルフの親子と触れ合い、彼らを少しずつ理解していく。
24hポイント 7pt
小説 33,885 位 / 143,494件 BL 7,408 位 / 16,395件