たとえこの身体が人でなくなっても

 遠い未来のある町で一人の少女と一体のガイノイドが親子のように生活していた。ガイノイドは少女にとっていかなる存在だったのか?

 新人類によって「保護動物」として、何世代も住民が1980年代の日本を繰り返されている人類保護区「セト」に一組の親子がいた。ママと8歳の娘のサラだ。二人は普通の平凡な日常を続けていたが、ママには重大な秘密があった。
24hポイント 0pt
小説 121,318 位 / 121,318件 SF 3,505 位 / 3,505件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ビンボー領地を継ぎたくないので、全て弟に丸投げして好き勝手に生きていく

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:4949pt お気に入り:531

私ですか?ただの令嬢です。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:2138pt お気に入り:516

作業ロボにされたわたし

SF / 連載中 24h.ポイント:85pt お気に入り:16

転生したらチートすぎて逆に怖い

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:8253pt お気に入り:6994