サファイアの雫

目が覚めると、知らない場所にいた。そこはどうやら古い学校のようだ。
十三人の少年達と、自分しかいない空間。
記憶がなく、戸惑いつつも、彼らとの友好を深めていくが……ある時、壁にカードが貼られていた。
そこには数字が書いてあり、その名の少年が姿を消し始めた。
24hポイント 0pt
小説 101,088 位 / 101,088件 現代文学 5,269 位 / 5,269件