狼憑きと妖精

 “陽だまりの妖精”──侯爵令嬢アルエットには、忘れられない獣が一匹いる。
 その思い出を抱え続けて三年後、強制招集(?)された夜会で、偶然にも皇子様を助けてしまう。
 目立つのを嫌うアルエットは手柄を全て双子の兄に押しつけて領地の森に引き篭るが、何の因果か兄が皇子を連れて領地に戻ってきてしまった!

 果たしてアルエットは、皇子から逃げ切ることができるのか!?





※不定期更新です。
※見切り発車ゆえ、どこに落ち着くのかは作者にも不明です。
※生温か~い目で見守っていただければ幸いなり。
24hポイント 0pt
小説 41,262 位 / 41,262件 恋愛 10,029 位 / 10,029件