蜂蜜まみれのオレに彼女が教えるこの世に生きる喜び、そして哀しみのこと

 高二の冬、男はオレにライフルの銃口を向けてこう言った。

「なあ、生きるってゆうのは死ぬことなのか?」

 すべてはそこから始まった。

 駅前のおはぎ屋屋台への意味不明な突然のダイブ、蜂蜜まみれのオレの前に現れた謎の女との逃避行、村上春樹、桃色クローバーZ、メキシコ革命、バチカン、マッカーサー、キリストの遺伝子、待ち受ける意外にスケールの大きな顛末と意外な結末とは。

 スラップスティックに疾走する青春恋愛ハードコア暴力小説が紡ぐ、真実の命の物語り。

24hポイント 0pt
小説 87,038 位 / 87,038件 現代文学 3,982 位 / 3,982件