成人の儀―特別侍従―

「成人の儀―特別侍従―」の無料全文公開は終了いたしました。
お読みくださり、エールをくださった方も本当にありがとうございました!




 王位継承者である第一王子は、成人する日に立会人の前で性行為が出来ることを証明する。
 その相手役(特別侍従)に選ばれた田舎者のケネルは、教育役の見目麗しいリゲンスによっていやらしい身体に変えられていく。

 成人の儀まで三か月。

 いましめられた男根。
 口淫の練習と、後孔の準備。

 苦しい。肉欲を解放したい――しかし男根は、成人の儀の準備のために切除されてしまう。

 慣れぬ城での生活にそっと寄り添ってくれるリゲンス。

 ケネルは特別侍従としての仕事だけでなく、育ちの悪い野菜を救うべく畑に出る。

 しかし城内にはケネルに不快感を示す者がいた。

 その理由とは――。


「しかし性に不慣れな相手では、王子に性感を高めていただくことはできない。だからそなたにはそれまでに後孔での快楽を覚え、王子の気を高める手段を学んでもらうということだ。その方法はこれから私が指導する」

『絶頂したい。出したい。ここに来てから、村で自慰をしなくても平気だったのは単に本当の性感を知らなかっただけなのだと思い知った。甘かった。こんなふうに快楽を与えられながら達せないなんて苦しすぎる――。』

「慕う相手に他の男に抱かれてこいと言うのはつらかった。しかもそれを見ていなくてはならない。しかし成人の儀は絶対に行わなければならない」

「ああ。大切な男根を失ったというのに健気に膨らんでいる」

「ずっと……ずっとお慕いしております。愛しています。リゲンス様」

※本作は同人で完結済み、電子書籍で販売中です。
※グロシーンはありません。

24h.ポイント 14pt
0
小説 29,319 位 / 185,310件 BL 7,147 位 / 23,977件