月見草戀物語

その丘を通る度に思い浮かぶのは、透き通るような白い月見草。儚げに佇む美しいあの人。胸が締め付けられるように切なくなるのだ。それは、時空をこえた月見草と月光の精霊の逢瀬。俺はその時初めて本気で誰かを好きになる、て事を知ったのだと思う。
24hポイント 0pt
小説 101,264 位 / 101,264件 恋愛 27,757 位 / 27,757件