「夢楼閣」~愛玩AI『Amanda』~

……そのAIはただ愛されたかった。ただ誰かの、何かの役に立ちたかった。誰も引き取り手がいない。廃棄処分を待つ日々。けれどもある日救いの手が差し伸べられる。けれどもそれは、人類滅亡への……

 西暦2222年、地球はAIで溢れかえっていた。彼らは高い知性と喜怒哀楽の感情を持ち、少しずつ、意思の力も身に着けるようになってきていた。
 人間との割合は半々程度。互いに均衡を保ちながら、平和を保っていた。そう、表向きだけは……。

 身分を乗り越えた純愛、真の愛とは何かをテーマにした作品です。


24hポイント 21pt
小説 12,972 位 / 60,805件 SF 220 位 / 2,013件