下町食堂の賄い姫

ある日、私の前に現れたお貴族サマは、「おなかが空いた」とウチに来た、なんともお貴族サマらしくないお人だった。ただの変人かと思ったけど、でもどこか憎めない、不思議な人で―――。 
[架空の世界を舞台にした物語。あくまで恋愛を主軸としてはおりますが、多少そうでない描写もあります。苦手な方はご注意ください。] 
 
※本編中の内容にR指定はありませんが、今後、番外編等を更新した際に指定が入る可能性があります。 
 
※同一世界を舞台にした他関連作品もございます。 
(閲覧は18歳以上のBLにも寛容な方に限らせていただきます、何卒ご了承ください) 
https://www.alphapolis.co.jp/novel/index?tag_id=17966
 
※当作品は別サイトでも公開しております。 
24hポイント 14pt
小説 12,477 位 / 48,595件 恋愛 4,187 位 / 11,564件