香水のせいにすればいい

【僕は無意識に彼の匂いを追いかける】俺様調香師×匂いフェチ

小学生の時、当時流行っていたチロQに香水をつけた友達がいた。彼の名前は佐藤 香水斗(かなと)くん。名前の通り香水に関わる調香師になって、僕と再会を果たした。
『お前に似合う香水を俺が作ってやるよ』その一言から僕と香水斗くんの関係が始まった。

仕事に勤しむタッグの間に恋が芽生える物語になるお仕事BL。社会人を主人公とした現代恋愛物語です。

表紙は紅様(@xdkzw48)に描いていただきました。
密着度がたまらなく好きです。
24hポイント 14pt
小説 29,613 位 / 140,518件 BL 5,977 位 / 15,885件