はなかすみ

主人公・霧島瑞波(きりしまみずな)は、入学直前にある少女に出会う。少女の名は花島深苑(かしまみその)。その美しさに思わず声も、目も奪われた瑞波は、運命的にクラスメイトとして、そして寄宿舎(寮)のルームメイトとして再会する。
人懐こく、懐に転びこむようにあっという間に親しくなった深苑は、消灯前、怯えたように瑞波に告げる。
「怖い夢をみていたら、起こしてほしい」と。
それはきっと神経症の類だと理解した瑞波は、そのまま眠りにつく。
だが、深夜、物音に目を覚ました瑞波が目にしたのは、眠りについたはずの深苑と、深苑を犯す白い鬼の姿だった。
24hポイント 7pt
小説 22,227 位 / 91,612件 恋愛 9,098 位 / 24,839件