魔女の剣

 奇怪な刀を用いて殺人を繰り返す男のもとに、一人の魔女が現れる。
 魔女の名は朝比奈楓。彼女は魔女でありながらその手に刀剣を持って戦う、「武辺の魔女」と呼ばれる存在だった。
 楓はある男に奪われた魔女の秘宝「ラピス」を取り戻すため、日々凄惨な斬り合いを繰り広げていた。
 殺された家族、奪われたラピス、そして姿を消した師。ラピスを求める斬り合いの最中で、かつて楓の身に起きた事象が一つの線で結ばれた時、彼女はついに運命という物に直面する。
 己の運命と忌まわしい過去を断ち切るため、楓は一人、絶望的な戦いへ望む事となった。
 敵は三人。いずれもその身に武と魔を秘める魔人たち。そして復活する魔女の仇敵、夜魔。
 魔女装束を身に纏い、その手に刀を宿し、楓は死地へと飛び込んだ。
 繰り広げられるは死闘。残るは死者の足跡。
 孤独な戦いが果てを迎えた時、魔女の剣が呪われた因縁と因果を諸共に断つ。
24hポイント 0pt
小説 99,645 位 / 99,645件 キャラ文芸 2,629 位 / 2,629件