不思議の街のヴァルダさん

仙台市某所にある不思議な古書店で、時折繰り広げられる、小さな事件。「死者の書のしもべ」を自称するシスターの格好をした中二病の女性と、彼女を慕う平凡な大学生による、日常系サスペンス? です。なお、この小説は、世間知らずのワナビの女の子が書いてる小説という設定です。
24hポイント 0pt
小説 100,197 位 / 100,197件 ミステリー 2,429 位 / 2,429件