勿忘草 ~人形の涙~

私、麻生明莉は村を治めている『麻生家』のお嬢様。
麻生家に生まれた者はその生涯を村に捧げなくてはならない。
“おきて”に縛り付けられている村。


「私は自由に生きたい。何も縛られずに、自分の心の向くまま。……それさえも許されないの?」


これは、抗うことの出来ない“役目”に振り回され続ける明莉の悲運な物語。


勿忘草(ワスレナグサ)シリーズ第2弾


<挿絵 : パラソルさんに描いて頂きました>

《面白いと感じてくださったら是非お気に入り登録 又はコメントしてくださると嬉しいです。今後の励みになります》
24hポイント 0pt
小説 49,196 位 / 49,196件 ミステリー 1,348 位 / 1,348件