明治維新奇譚 紙切り与一

 旅回りの紙切り芸人・与一(よいち)は、『戮士(りくし)』である。
 大政奉還の後世、時の明治政府は誕生して間が無く、未熟な司法や警察機構に代わり政府の直属機関として、政治犯や凶悪犯の処分を遂行する組織を密かに運用していた。その組織は「戮す=罪ある者を殺す」を意味する一文字『戮(りく)』と称され、その組織の構成員は「戮す士師」則ち「戮士」と呼ばれた。
 彼らの敵対勢力の一つが、血族統治の政治結社『十頭社中(とがしらしゃちゅう)』である。開国し国際社会での地位を固めんと西洋型の近代化を進める明治政府の施策に反対し、日本独自の風土を守り新たな鎖国によって世界と対峙しようとする彼らもまた、旧幕府の勢力の資金を背景に独自の戦闘部隊を保持していた。更には、日本の傀儡化を狙う外国勢力『イルミナティ』。
 表の歴史には記されていない裏日本史。日本の統治を巡り、三つどもえの戦いは続く。
 日本の維新は、未だ終わっていなかった。
 
24hポイント 0pt
小説 82,754 位 / 82,754件 歴史・時代 1,076 位 / 1,076件