コールドスリーパーの私が異世界で目を覚ます

人の考えていることが見えてしまうマナは、奇妙な子供と言われ家族から愛してもらえずに育った。

何の望みもなくただ生きるだけの日々。

もうすぐ三十路になる歳に難病を患っていることがわかる。余命は3年。
それまでに治療薬はできそうにない。このまま死ぬのもありかなと思った時、医師からコールドスリープをして治療薬の治験者にならないかという提案をされる。

高齢者ばかりが患うこの難病に若くして患ったマナの回復力を治験者として期待したのだった。いつ目覚めるかもわからないその提案をマナは喜んで受け入れた。

目が覚めると知らない天井。鏡には幼い美少女が私と同じ動きをしている…。

私は死んでない!
コールドスリーパーなだけなのにどうして異世界にいるの!?
24hポイント 14pt
小説 15,925 位 / 79,598件 ファンタジー 3,388 位 / 22,891件