生死の狭間

生か死か。
サスペンス。

 かつて、大切だったはずの女性を殺人事件で失った刑事の佐竹。彼にとって事件は厄介で面倒な物にしか見えなくなった。

 そんな彼の管轄する冬の街で殺人事件が起きる。連続性のある殺人事件ということで捜査が始まるが、佐竹は突然警察を自ら辞める。

 大切な女性を失った数年前の事件、そして現在進行形で起き続ける連続殺人事件。二つの事件が結びつける答えとは。

「曖昧な生に、明確な死の実感を」

 謎が謎を呼ぶミステリーとなりますように。
24hポイント 42pt
小説 13,189 位 / 124,772件 ミステリー 127 位 / 2,924件