地球を殺すと決めた、地球で恋に落ちた

この夏と地球が終わる前に。大好きなあなたが、生きててよかったと言ってくれればいい。

学校に行けなくなってしまった中学三年生の華奈。学校に行くふりをして公園に隠れていると、ひとつ願いを叶えると話す白猫が現れた。
「明日が来なければいい」その願いは聞き遂げられる。この地球は次の夏休みがきたら死ぬ。
白猫に願いを託した直後、ひとつ年上の耀と出会う。耀と再び会うために学校に戻り、念願叶って耀と同じ高校に入学する。だが、耀の態度は異なっていた。

耀が隠していたこと、隠れ場所と学校、不思議な図書カード、火事。
好きな人を助けたい、その気持ちから紐解かれていくひとつの事件。華奈の想いは耀に届くのか。

そして夏休みの終わり、地球の終わる日がやってくる。
24hポイント 0pt
小説 59,174 位 / 59,174件 恋愛 14,281 位 / 14,281件