あの時の答えあわせを

キュレーター( 伊原郁)と陶芸家兼テキスタイルデザイナー(ラース•ニールセン)のはなし。

大学生時代、郁は留学生のラースに一目惚れ。ラースに勇気を出して話しかけて親しくなるが、ラースから恋愛相談をされてしまう。相手がノンケであることを知り、郁は即失恋。その後、ラースの帰国とともに2人は疎遠になる。郁はのちに何人かと付き合うが、ラースを忘れられないでいた。
そして月日は流れて、郁は28歳のキュレーターになっていた。日々若手キュレーターとして仕事に邁進する中で、ラースの活躍を知る。
そんな中、上司からラースの日本初の個展開催を担当するようにと言われて…!?
24hポイント 14pt
小説 27,704 位 / 144,679件 BL 5,587 位 / 16,492件