月と地球が僕らを置いてどこかへ逃げた


あれ?さっきまであった地球がここにない?!
ついでに月もない(おまけ)

2300年
政府からの指令により、土星第6衛星「タイタン」の再調査を任された元気な少女と、ある研究者。
特に制限もないからと油断し、ゆっくりまったり宇宙船で旅行を楽しんでいたらまさかまさかそのまたまさか、政府との連絡経路が遮断され、広大な宇宙にポツンと取り残されてしまった。帰ることがほぼ不可能になった彼らは地球に帰ることを最終目標に、ある決心をする。「そうだ彼方、行こう」と。

――――――――――――――――
シリーズ化しますが一話一話はとっても短い作品です。
一話完結してたりしてなかったりするので、最初から読むことをお勧めします。

フィクションとノンフィクションを混ぜています。史実とは異なる記載がありますがご了承ください。

※小説家になろう、カクヨムに同時投稿しています。


☆イラスト☆

緒方TANK様→ https://mobile.twitter.com/9918otf22r1

ニコニコ静画より「孤独な旅」
24hポイント 0pt
小説 101,043 位 / 101,043件 SF 2,995 位 / 2,995件