【完結】婚約者は自称サバサバ系の幼馴染に随分とご執心らしい

「ジーナとはそんな関係じゃないから、昔から男友達と同じ感覚で付き合ってるんだ」
婚約者で侯爵家の嫡男であるニッグには幼馴染のジーナがいる。
ジーナとニッグは私の前でも仲睦まじく、肩を組んだり、お互いにボディタッチをしたり、していたので私はそれに苦言を呈していた。
しかし、ニッグは彼女とは仲は良いがあくまでも友人で同性の友人と同じ感覚だと譲らない。
「あはは、私とニッグ? ないない、それはないわよ。私もこんな性格だから女として見られてなくて」
ジーナもジーナでニッグとの関係を否定しており、全ては私の邪推だと笑われてしまった。

しかし、ある日のこと見てしまう。
二人がキスをしているところを。
そのとき、私の中で何かが壊れた……。
24hポイント 2,252pt
小説 759 位 / 101,039件 恋愛 417 位 / 27,645件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

今日から悪役令嬢になります!~私が溺愛されてどうすんだ!

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:27016pt お気に入り:3506

我が家の居候を選んだのは婚約者様、あなたご自身ですよ?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:241692pt お気に入り:6753

SMクラブで働いてみた。

大衆娯楽 / 連載中 24h.ポイント:134pt お気に入り:68

婚約破棄は夜会でお願いします

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:151728pt お気に入り:6506

転生したら幼女でした⁉ ―神様~、聞いてないよ~!―

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6042pt お気に入り:5607

二人の妻に愛されていたはずだった

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:240911pt お気に入り:5436