ムゲンセカイ - 異世界ゲームでサポートジョブに転生した俺の冒険譚 -

唐突に始まったその夢は、ありえないほどリアリティのある夢だった。
ゲームマスターである黒い小鳥は言う『これは究極のゲームだ』と。

主人公、名雲真(なぐもまこと)の通う学校の通う生徒達100人は突如プレイヤーとして夢の世界、『夢現世界(むげんせかい)』で冒険をすることになってしまう。
人々が暮らし、魔物が人を襲い、魔王が世界を侵略せんとするこの世界。
夢の中で危機に晒される学校の生徒たち。
その世界を救うべく立ち上がろうとする真の選んだ職業は…意図せず、僧侶を選択してしまった。

だが真は知らない。
この究極のVRRPGの世界で最も重要な役割の職業を、自分が選択したことを。

明かされていく『夢現世界』のルール。残酷な現実。
そして…ゲームマスターの目的とは何か。この夢は一体なんなのか。

徐々に明らかになる夢の世界。
仲間達と紡いでいく物語。
サポートジョブである真は冒険の中で何を見出し、強くなっていくのか。
そして真は『最強のサポートジョブ』へと覚醒していく。


※この小説は他サイトと同時に掲載させていただいております。
24hポイント 0pt
小説 63,377 位 / 63,377件 ファンタジー 19,886 位 / 19,886件