『転生したら、パンダだった』

作者の気まぐれによって産み落とされた悲劇の主人公・坂田秀俊。四九歳の独身。二十七年間、トイレットペーパーの営業を続けてきた坂田は、ある日目覚めると見知らぬ動物園のパンダになっていた。これは果たして新手の悲劇か? それとも喜劇か? 人生に絶望していた男が、転生して再び絶望するも、その先に掴む真実とは一体!
24hポイント 0pt
小説 63,548 位 / 63,548件 ファンタジー 19,924 位 / 19,924件