年下彼氏の策略

※タイトル変更しました。

「あんたを汚したら、俺は楽になれるんですかね」

千堂樹はイケメン高身長かつ愛想よく明るいキャラクターで社内外の誰からも人気の営業マン。表面上取り繕っているだけで幼少期のトラウマから人を心から信じることができず、内心はかなりの腹黒。
誰とでもなんなく付き合えるのに、先輩の小鳩祐だけは苦手だった。
利益があるから人に優しくすると思っている樹にとって、利益もないのに誰にでも親切な祐が理解できない。見ているだけで祐に苛立つ樹だったが、関わらなければいいと思いながらも何故か関わってしまう。ならば徹底的に付きまとって祐の裏の顔を暴いてやろうと思う樹だったが、だんだんと樹の純真さに惹かれていく。
くっつく前のじれったい感じを書きたいのですぐにはくっつかないと思います。

腹黒年下×ほんわか地味メガネ(素顔はそこそこイケメン)

※作者未経験の業種のため業務内容など現実と差異がある場合があります。スルー推奨。

途中急展開しております。もうすこし丁寧に書きたかったのですが、いい加減引っ張りすぎかと。
※当然ですがこの作品の著作権は作者にあります。
 設定、話の流れ、セリフなど盗作することは絶対にやめてください。
 多少変えたとしても類似していれば運営さま、その他に通報します。
 またこの作品と似たモノを見つけたら作者及び運営さままで通報いただけますようお願い申し上げます。
24hポイント 106pt
小説 10,735 位 / 140,614件 BL 2,147 位 / 15,899件