神話の独自解釈小説一覧

タグ 神話の独自解釈×
4
1
BL 完結 長編 R18
アステカ神話を題材に取った創作BL(ケツァルコアトル神×テスカトリポカ神)です。一部の話が殺伐として、痛々しい描写(流血描写)もあります。お苦手な方はご注意ください。 アステカの地を追放されようとしている風の神ケツァルコアトルが黄昏の頃に訪れたのは、「あの男」の神殿だった。 彼を陥れ追放した張本人であるその神は、艶めかしく笑って囁く。「そんな下らん恨み言を、言いに来たのではなかろう」 と。 ○要素 第1話:流血表現、性的表現、誘い受け、ビッチ受け 第2〜3話:ショタ受け、ほのぼの 第4話:ショタ受け、輪姦 第5話:ショタ受け、輪姦、性的表現 第6話:ショタ受け、性的表現、残酷描写 第7話:ショタ受け、強姦、性的表現 第8話:ショタ受け、残酷描写 第9話:ショタ受け、主従関係(奴隷扱い)、性的表現 第10話:ショタ受け、性的表現(匂わせ) 第11話:ショタ受け、性的表現(自慰行為) 第12話:ショタ受け、性的表現(誘い受け、自慰行為)(匂わせ) 第13話:ショタ受け、性的表現(誘い受け)、流血描写 第14話:性的表現(誘い受あり)、暴力的な描写 第15話:うっすらと性的・残酷な表現 第16話:うっすらと性的・残酷な表現 第17話:残酷な表現 第18話:(特段の注意事項なし) 第19話:性的表現(襲い受) 第20・21話:ショートストーリーまとめ 第22話:性的表現、攻めと女性の恋愛描写 第23話:性的・暴力的表現、受けの婚姻の話題 第24話:性的表現(目隠し) 第25話:性的表現 第26話:性的表現(途中から3P) 第27話:性的表現 第28話:性的表現 第29話:性的表現(言葉責め) 第30話:性的表現(言葉責め) 第31話:性的表現 第32話:軽めの性的表現 第33話 ショートストーリーまとめ 第34話:性的表現 第35話:うっすら性的表現 第36・37話:ショートストーリーまとめ 第38話:うっすら性的表現 第39・40話:ショートストーリーまとめ 第41話:暴力表現・性的表現 第42話:性的表現 第43話:死ネタ 第44話:エピローグ。注意事項なし 第45話:(ショートストーリーまとめ)
24hポイント 28pt
小説 17,338 位 / 124,860件 BL 3,552 位 / 13,532件
文字数 395,155 最終更新日 2020.12.31 登録日 2020.03.26
2
BL 完結 短編
 かつて神々の寵愛を一心に受けた熾天使であった魔王ルシフェル。 ルシフェル……暁、宵の明星、光をもたらすもの、の意味を持つ美しき者。神々の寵愛を一心に受け、天使の中でも最高の地位にいた男。  そんな彼に激しい対抗心を向けるミカエル。かつては兄弟子として慕っていたのだが……。  正義とは? 正しさとは何かを問いかける哲学的神話をお送りいたします。プラトニックラブBL☆ ※この物語がフィクションであり、バイブルや神話など全て架空のものです※  
24hポイント 0pt
小説 124,860 位 / 124,860件 BL 13,532 位 / 13,532件
文字数 22,662 最終更新日 2019.11.07 登録日 2019.10.30
乱暴者のコウス王子は、大王(おおきみ)である父上の命令で、クマソ征伐に向かう。 「クマソタケルなんか三日で倒してやる」と父上には言ったものの、結果は惨敗。 五体満足で残っている兵なんて、従者の私とコウス王子以外、ほとんどいないほどである。 私が「ここはお父様の助けを借りましょう」と助言したものの、聞き入れず、自分でなんとかすると言い張る。 そんなコウス王子がとった作戦は…… ちょっとすっとぼけたヤマトタケルのクマソ征伐です。 くすっと笑えるコメディ要素満載! 気軽に読んで笑ってください。 他サイトで読んで下さった方には、非常に面白いと好評です。 注意: 神話がネタですが、かなり創作が入っています。 本来のヤマトタケルのクマソ征伐については、検索サイト等でお調べください。 逆に元ネタを知っている方には面白いと思います。     またヤマトタケルの名前「小碓」は通常オウスと呼びます。 作者が長い間勘違いしていたのですが、コウスの方が語感が可愛らしいのと、また「コウス」と呼ぶのが完全に間違いというわけではないらしいので、このままにしました。        
24hポイント 0pt
小説 124,860 位 / 124,860件 歴史・時代 1,429 位 / 1,429件
文字数 29,037 最終更新日 2021.01.16 登録日 2019.04.14
【完結済み】 四十年前、突如現れた幻想種。兵器が通じない怪物相手に、剣や槍などで戦う時代。 そんな中、PGC(対幻想種組織)訓練校に通う八剣冬馬は『銃』にこだわる少年だった。 が、そもそも『銃』は最下級の怪物にさえ通じない。このままでは想いをよせる少女・柄森雪姫を守る事ができない。少年は焦っていた。 しかし、そんなある日のこと。冬馬は彼の運命を変える銀色の髪の少女と出会って……。 多分、王道っぽいストーリーだと思っています。楽しんで頂ければ幸いです。 □2020/1/30改題しました。
24hポイント 0pt
小説 124,860 位 / 124,860件 ファンタジー 32,233 位 / 32,233件
文字数 132,556 最終更新日 2018.05.01 登録日 2018.04.14
4