神話の独自解釈小説一覧

タグ 神話の独自解釈×
5
その日の少女は喜びに満ちていた。 母子家庭で中々忙しい母と一緒に入れない時間。 だがその日は少女は母と楽しくテーマパークで過ごす予定だった。 しかし施設で起こったパンデミック。 混乱する人々。 少女に襲い掛かる災難、そして使命。 1人の少女ー谷内川巳治(やちがわみはる)ーが全てを失い、最古の蛇の眷属として新たな使命を心に宿し生きるための戦いの始まり。 話しの時間軸は【孤独の王と赤の魔人】→【悪魔と踊れ天使と歌え】→【アルビノ王子と嫌われ少女】になります。
24hポイント 21pt
小説 9,844 位 / 47,162件 キャラ文芸 148 位 / 1,259件
文字数 55,176 最終更新日 2019.04.09 登録日 2018.11.24
 『想像』して『創造』する。  『思考』して『施行』する。  魂が具現化したものは『人具』と呼ばれた。  人具……ーーそれは、神でいう『神具』に同じである。  その魂の前世に深い縁のあったものが、その姿を取って具現する。  人具は、己の分身。  己の人具を信頼せよ。  それは、己を信ずることど同意義である。  *・*・*・*・*・*・*・*  トラックにはねられて死んじゃった友達が全然居ない18歳のヲタクが元居た世界の科学知識やオカルト知識、どうしようもない妄想力まで輸出しながら異世界で町お越しを始める異世界転生系ファンタジー。  魂から出てくるモノ……――『人具』は、普通の刀剣や、槍などの武器から、トマト、モノクルのような道具まで千差万別。それはこの世界に生命を与えられた者達に平等に所有した能力。  全ての生き物達が魂から出すことが出来る。  しかし、ぱっと見れば武器として使いようの無い形の人具が現れたら……――あなたなら、どう使いこなしますか?
24hポイント 7pt
小説 13,120 位 / 47,162件 ファンタジー 3,688 位 / 15,749件
文字数 658,953 最終更新日 2018.08.31 登録日 2016.08.31
【完結済み】 四十年前、突如現れた幻想種。兵器が通じない怪物相手に、剣や槍などで戦う時代。 そんな中、PGC(対幻想種組織)訓練校に通う八剣冬馬は『銃』にこだわる少年だった。 が、そもそも『銃』は最下級の怪物にさえ通じない。このままでは想いをよせる少女・柄森雪姫を守る事ができない。少年は焦っていた。 しかし、そんなある日のこと。冬馬は彼の運命を変える銀色の髪の少女と出会って……。 多分、王道っぽいストーリーだと思っています。楽しんで頂ければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 47,162 位 / 47,162件 ファンタジー 15,749 位 / 15,749件
文字数 132,556 最終更新日 2018.05.01 登録日 2018.04.14
洞窟イベントスタッフ募集! ――結城修は応募の末採用となり、誠心誠意、業務に励む事を誓う。そして彼を待っていたものは、仕事と仲間と岩盤とその他色々だった。神による地球上での生物圏運営業務物語。 ≪登場人物≫ 結城 修  地声大。密かに呟くことができない。 本原 芽衣莉  冷徹パッツンボブ。夢は見ない、何故ならそれは紛う方なき現実だから。 時中 伸也  眼鏡男子。病的なまでの神経質。興奮すると語彙が痛くなる。 大山 和志  社長。 天津 高彦  教育担当。 木之花 咲耶  総務人事担当。 伊勢 照護  大王の守護神兼外勤営業。 鹿島 健  剣と雷と鯰の管理者兼備品保守担当。 住吉 渉  軍船の航海守護兼営業。 石上 史人  剣の神兼営業。 宗像 道貴  海上警護、軍事司令兼福岡支社長。 酒林  酒の神兼蛇神兼庶務兼居酒屋店主。 恵比寿  鹿島の補佐係。 鯰  突然現れた生物。地盤の動きに某か関わりを持つ者。 スサノオノミコト  突如出現したクレーマー。
24hポイント 0pt
小説 47,162 位 / 47,162件 ファンタジー 15,749 位 / 15,749件
文字数 220,209 最終更新日 2018.12.25 登録日 2017.04.11
乱暴者のコウス王子は、 大王(おおきみ)である父上の命令で、 クマソ征伐に向かう。 「クマソタケルなんか三日で倒してやる」 と父上には言ったものの、 結果は惨敗。 五体満足で残っている兵なんて、 従者の私とコウス王子以外、 ほとんどいないほどである。 私が 「ここはお父様の助けを借りましょう」 と助言したものの、 聞き入れず、 自分でなんとかすると言い張る。 そんなコウス王子がとった作戦は…… ちょっとすっとぼけたヤマトタケルのクマソ征伐です。 くすっと笑えるコメディ要素満載! 気軽に読んで笑ってください。 他サイトで読んで下さった方には、 非常に面白いと好評です。 注意: 神話がネタですが、 かなり創作が入っています。 本来のヤマトタケルのクマソ征伐については、 検索サイト等でお調べください。 逆に元ネタを知っている方には面白いと思います。     またヤマトタケルの名前「小碓」は通常オウスと呼びます。 作者が長い間勘違いしていたのですが、 コウスの方が語感が可愛らしいのと、 また「コウス」と呼ぶのが完全に間違いというわけではないらしいので、 このままにしました。        
24hポイント 0pt
小説 47,162 位 / 47,162件 歴史・時代 730 位 / 730件
文字数 28,653 最終更新日 2019.04.14 登録日 2019.04.14
5