福島小説一覧

タグ 福島×
4
1
ライト文芸 完結 ショートショート
この道ウン十年の文字起こし作業者の地味な悩みと妄想▼ 令和4年5月17日18時15分頃、郡山市南部で「カッコウ」の鳴き声を聞きました。私が気付いた限りでは、今年初鳴きです。 以前、「『テープ』起こしってしたことある?」というお仕事エッセイの一環として公開していたものを再アップいたします。 【追記】 翌日18日、たまたま早起きしたところ、5時頃鳴いていました。つまり、早起きしていれば、もっと早く気づいた可能性もあるのですが、「毎年今ぐらいの時期に鳴き声が聞こえ、ことし気付いたのがたまたま昨日の夕方」と捉えていただければ。
24hポイント 0pt
小説 144,315 位 / 144,315件 ライト文芸 6,110 位 / 6,110件
文字数 2,685 最終更新日 2022.05.17 登録日 2022.05.17
参加条件:お茶とお菓子がお好きなら、どなたでも▼ とある地方都市の老舗菓子店「くぬぎ屋」で毎月行われる、知る人ぞ知るお茶会に集う人々の物語です。 読み切り短編集なので、お好きなところからどうぞ。 筆者他作品からの出張登場回もあります。 隔日更新予定
24hポイント 0pt
小説 144,315 位 / 144,315件 ライト文芸 6,110 位 / 6,110件
文字数 34,173 最終更新日 2022.03.27 登録日 2022.03.07
3月11日を目前に、とりあえず残しておきたかったので▼ 筆者が「エンピツ」という日記サイトで2011年9月13日に書いた日記をそのまま転載した上で、次ページであれこれと補足している、ただそれだけの雑文ですが、よければ。
24hポイント 0pt
小説 144,315 位 / 144,315件 エッセイ・ノンフィクション 5,023 位 / 5,023件
文字数 3,978 最終更新日 2022.03.07 登録日 2022.03.07
 かつて不幸な大戦が人々をさらっていったように、津波が多くの人をさらっていった。  その大戦が人々を帰さなかったように、放射能が帰りたい魂を帰さない。  古代から人はこの海に育まれて暮らしてきた。  大昔から、人は海を畏れ、崇めてきた。  その子孫が海をもう元に戻せないほどに汚した。  自分たちの魂を引き裂いた。  せめて霊となって、戻っておいで。  引き裂かれた親子の霊は再び巡り合えるのだろうか。
24hポイント 0pt
小説 144,315 位 / 144,315件 現代文学 6,353 位 / 6,353件
文字数 24,773 最終更新日 2016.07.18 登録日 2016.07.11
4