クラス会小説一覧

タグ クラス会×
2
1
現代文学 連載中 短編 R15
唐沢四郎と後藤祥子は小学校6年生から中学3年まで同じクラスだった。 お互いに別々の家庭を築き、子供たちも成人して家を出てゆき、そしてふたりとも離婚していた。 そんなある日、中学3年生のクラス会が開かれることになった。地元の温泉旅館で開かれたクラス会で、唐沢と後藤は40年ぶりに再会する。 人生の酸いも甘いも経験した大人のふたり。人生100年といわれる現代で、50代の青春は許されるものなのだろうか? 自分たちだけではない、家族との関りの中で、こんな恋があれば素敵だなという小説です。
24hポイント 0pt
小説 87,332 位 / 87,332件 現代文学 3,997 位 / 3,997件
文字数 2,683 最終更新日 2020.09.29 登録日 2020.09.15
末期がんで余命を宣告され死期を悟ったヨシコは宛先のない手紙を書き募っていた。 娘のエミは母親の願いを叶えようと最後のクラス会を企画する。
24hポイント 0pt
小説 87,332 位 / 87,332件 現代文学 3,997 位 / 3,997件
文字数 4,742 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.28
2