ビーム兵器小説一覧

タグ ビーム兵器×
3
「こんなハズレ勇者など、即刻摘み出せ!!!」  某大学に通う俺、如月湊(きさらぎみなと)は漫画や小説とかで言う【勇者召喚】とやらで、異世界に召喚されたらしい。  お約束な感じに【勇者様】とか、【魔王を倒して欲しい】だとか、言われたが--------  ステータスを開いた瞬間、この国の王様っぽい奴がいきなり叫び出したかと思えば、いきなり王宮を摘み出され-------------魔物が多く生息する危険な森の中へと捨てられてしまった。  後で分かった事だが、どうやら俺は【生産系のスキル】を持った勇者らしく。  この世界では、最下級で役に立たないスキルらしい。    えっ? でも、このスキルって普通に最強じゃね?  試しに使ってみると、あまりにも規格外過ぎて、目立ってしまい-------------  いつしか、女神やら、王女やらに求婚されるようになっていき…………。
24hポイント 156pt
小説 5,206 位 / 87,296件 ファンタジー 1,306 位 / 24,925件
文字数 185,773 最終更新日 2020.10.20 登録日 2020.07.18
 《ハズレ勇者の鬼畜スキル》の続きです。  プロット等の修正の為、不定期の更新になります。
24hポイント 21pt
小説 14,469 位 / 87,296件 ファンタジー 3,024 位 / 24,925件
文字数 5,422 最終更新日 2020.11.25 登録日 2020.10.28
 わたくし、ダグラス・アルベルトは王都の魔法学院に通う落ちこぼれ。  いつも成績は最低辺。  家族には疎まれ、学園内では孤立し、日常的に陰口を言われると、人生、お先真っ暗。  そんなある日、王宮から来た使者が、わたくしを《勇者パーティー》へと勧誘しに来た。  実力のともわないわたくしが、かの名誉ある《勇者パーティー》に…………?  ありえないでしょ!?  いつも以上に、ニヤけている学院長の顔を見れば歴然-------------さっさと、わたくしを追い出したくて、仕方がないのだろう。  仕方がない。  ここは、はっきり断って、学院を出て行こう。  え?  俺が本当は優秀な上、実はモテモテだって?  そんな訳ある訳ないでしょ?  とりあえず、俺は家族も、国も全部捨てて、のんびり研究に励みますね!!
24hポイント 0pt
小説 87,296 位 / 87,296件 ファンタジー 24,925 位 / 24,925件
文字数 2,310 最終更新日 2020.11.01 登録日 2020.11.01
3