12
恋愛 連載中 短編
17歳のレミュラはスキルで回復薬であるポーションを作ることが出来る。 その能力は貴重で、宮殿内でポーションメーカーとしての仕事を与えられていた。 その功績は公爵との婚約が出来るまでになる。しかし…… 「平民のお前と結婚などやはりあり得ない。ポーション精製についても、調合で補えるのでお前はクビだ」 と、婚約破棄の上に宮殿からも追放されてしまった。 彼女は仕方なく城下町でポーションを販売することにした。 これが大成功を収め、知り合いだった王子殿下も彼女の噂を聞きつけてやってきた。 公爵に婚約破棄はされましたが、彼女の未来は明るいようです。
24hポイント 553pt
小説 1,940 位 / 87,373件 恋愛 925 位 / 23,085件
文字数 41,440 最終更新日 2020.10.09 登録日 2020.08.01
恋愛 連載中 長編
ソドム王国の伯爵令嬢ユリアーナはデミル公爵に、より高位の者と婚約するという理由で振られてしまった。 悲しみが押し寄せて来たユリアーナだが、ジスパ第一王子殿下に救われることになる。 一方で、ユリアーナを捨てた公爵は、新たな婚約者の性格に四苦八苦してしまう羽目となり……。
24hポイント 92pt
小説 6,905 位 / 87,373件 恋愛 3,027 位 / 23,085件
文字数 13,030 最終更新日 2020.09.25 登録日 2020.09.22
恋愛 連載中 短編
「シエル、別れてくれ」 「そういうわけだから。シグマ様は私が好きなんだって、残念ね~~」 伯爵令嬢であるシエルは婚約者であるはずの侯爵令息、シグマ・ブリーテンに婚約破棄を言い渡されてしまった。理由は他の令嬢を好きになったからというものであり、別れの場はとあるパーティ会場。 怒りに震えるシエルだったが、相手は自分より格上の相手……何かをすれば、後でどうなるかわかったものではない。 そんな彼女の前に現れたのは、なんと同じく怒りに震える王太子の姿であった。自らの愛していたシエルに対して何たる振る舞いとばかりに、強烈な制裁がシグマに襲い掛かった!
24hポイント 369pt
小説 2,753 位 / 87,373件 恋愛 1,274 位 / 23,085件
文字数 50,370 最終更新日 2020.09.01 登録日 2020.02.20
恋愛 連載中 短編
子爵令嬢のウェルナは婚約者のセドルに婚約を破棄されてしまった。 「他に好きな令嬢ができた。お前よりも地位は上だ」 一方的な婚約破棄。その事実を知ったウェルナの妹と幼馴染は激昂する。 幼馴染のルークは公爵令息でありながら、ウェルナにずっと恋をしていた。 妹のラーナはシスコン気味であり、王太子殿下と婚約している強者。 予期せぬ形でウェルナの強力な味方がやる気になった……元婚約者のセドル君は四面楚歌状態?
24hポイント 127pt
小説 5,755 位 / 87,373件 恋愛 2,533 位 / 23,085件
文字数 33,570 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.06.15
恋愛 連載中 短編
「マリア、私との婚約はなかったことにしてくれ。私はお前の姉のユリカと婚約したのでな」 「マリア、そういうことだから。ごめんなさいね」 伯爵令嬢マリア・テオドアは婚約者のカンザス、姉のユリカの両方に裏切られた。突然の婚約破棄も含めて彼女は泣き崩れる。今後、屋敷でどんな顔をすればいいのかわからない……。 そこへ現れたのはなんと、王国の最高権力者であるヨハン・クラウド国王陛下であった。彼の救済を受け、マリアは元気づけられていく。そして、側室という話も出て来て……どうやらマリアの人生は幸せな方向へと進みそうだ。
24hポイント 1,562pt
小説 849 位 / 87,373件 恋愛 407 位 / 23,085件
文字数 49,582 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.06.05
恋愛 連載中 短編
男爵令嬢であるアンリは、婚約していた侯爵アルバに婚約破棄をされてしまった。 理由として挙げられたのは、男爵という地位の低い貴族に用はないとのこと。 そんなアンリを助けたのは、公爵であるバルムンクとその婚約者である姉のルーリィだった。 アンリを癒し、婚約破棄をした不届き者にはそれ相応の罰を下していく。 さてさて、アンリ自身もなんと王子殿下からの婚約話が来たりと、悲しみを打ち消すのに十分すぎる幸せが舞い降りてくるのだった……。
24hポイント 35pt
小説 11,309 位 / 87,373件 恋愛 4,819 位 / 23,085件
文字数 6,425 最終更新日 2020.08.23 登録日 2020.08.21
恋愛 連載中 短編
高校1年生の日暮亜美(ヒグラシアミ)は、嵌っていた乙女ゲームの悪役令嬢側に転生してしまった。 悪役令嬢の名は公爵令嬢マリーナ。同じく公爵令息であるシウスと婚約関係にある。 ゲーム上では周りへの酷い態度からシウスに見限られ、そのままヒロインと結ばれるという結末だ。 マリーナに転生した亜美は全てを理解していた……シウスとの結婚を成立させることが幸せに繋がるのだと。 本来であれば既定路線となっている婚約破棄……そんなことは絶対にさせませんから! 私がシウスと幸せになるの! と亜美の決意は強まった。
24hポイント 7pt
小説 19,565 位 / 87,373件 恋愛 8,176 位 / 23,085件
文字数 2,201 最終更新日 2020.07.30 登録日 2020.07.30
恋愛 連載中 短編
「私はお前よりも美人で、尻軽なお前の妹と婚約することにした。お前はもう用済みだセリナ」 伯爵令嬢のセリナは、侯爵であるアルトファに婚約破棄をされてしまった。あまりに身勝手な言い分に彼女は悲しみに暮れる……。 そんな状況を見ていた公爵のラーデュイはセリナを救済し、アルトファに対して怒りを露わにした。 そんなラーデュイの真っすぐな気持ちに、セリナも惹かれていくことになる……。 一方、尻軽だという噂のセリナの妹、シャルカとの婚約を決めたアルトファだが……。 シャルカは人当たりが良く尻軽だという印象があるだけで、身持ちの固い姉を誰よりも崇拝するシスコン令嬢だったのだ。 当然、身勝手な言い分でセリナを悲しませたことは、シャルカにとっても許しがたいことであり……。 波乱に満ちた展開が幕を開けようとしていた……。
24hポイント 14pt
小説 16,562 位 / 87,373件 恋愛 6,883 位 / 23,085件
文字数 11,331 最終更新日 2020.07.17 登録日 2020.07.15
恋愛 連載中 短編
伯爵令嬢であるミュリアは婚約者の伯爵令息ノウェムに婚約破棄を言われてしまった。 相手の浮気からの婚約破棄……ミュリアは茫然としてしまう。 その時に現れたのは公爵であり武人のような外見を有するイスルギ。 同じく、大公という立場にあり、線は細い印象だが、非常に情の厚いラクロア。 二人の救済によりミュリアは救われ、ノウェムは涙目になってしまうのだが…… いつの間にかイスルギとラクロアの間に、彼女を巡って争いが始まる。 互いに尊敬する者同士……勝っても負けても恨みっこはなしなのだが……ミュリアはこう言った。 「やめて、私の為に争わないで!」 さてさて、この恋愛劇の結末はどのようになるのだろうか……?
24hポイント 0pt
小説 87,373 位 / 87,373件 恋愛 23,085 位 / 23,085件
文字数 9,318 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.07.06
恋愛 完結 短編
伯爵令嬢のシンディ・エトワールは、侯爵令息フリント・アラベスクに婚約破棄を言い渡された。 破棄理由はシンディの妹との浮気だ。 シンディは婚約者と妹の両方に裏切られ、悲しみの渦に巻き込まれる。 しかし、それを救ったのは公爵令息のディエス・マローネだった。 シンディはディエスの紳士的な態度に次第に心を許すようになっていく。
24hポイント 284pt
小説 3,422 位 / 87,373件 恋愛 1,544 位 / 23,085件
文字数 47,076 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.05.14
恋愛 連載中 短編
「アンネリー、お前の家系は既に没落寸前だ……。私との婚約は破棄してもらおうか」 子爵令嬢のアンネリーは没落寸前の貴族出身であり、婚約者の伯爵令息タイクーンにも婚約を破棄される始末だった。 悲しみに暮れていた彼女だが、毎日の日課である教会でのお祈りは続けていく。 そんなある日、アンネリーのおかげで怪我や病気が治ったという者達が続出し始めた。 確かに彼女は、その者達の為に祈ったこともあったが……。 アンネリーは「聖女様」と呼ばれ、市民の間で人気が爆発……その波は没落寸前の我が家の立て直しにも大きく影響するようになっていくのだった。 さらに、毎日賢明に祈っている姿に惚れた侯爵様からの求婚話まで飛び込んできた──。
24hポイント 35pt
小説 11,309 位 / 87,373件 恋愛 4,819 位 / 23,085件
文字数 9,064 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.06.25
恋愛 完結 短編
ファリーナ・オルスト伯爵令嬢は、同じく伯爵令息のザイル・マクレガーに婚約破棄をされてしまう。 「お前は前髪をいつも垂らしている為、不気味だ。私の妻にはふさわしくない」 気弱なファリーナは目を髪で隠す癖があり、それを指摘されての婚約破棄となってしまった。 それにしても一方的過ぎる婚約破棄にファリーナは強い悲しみを覚えた。 「気にすることはないぞ、オルスト嬢よ。外見でしか判断しないのは貴族として失格だ。君の誠実さはいつも見てきた、よろしければ私と付き合ってくれないか?」 なんと求婚してきたのは若き公爵、ハンニバル・ライジングではないか。そして、彼女はハンニバルの気持ちに応えるべく前髪を上げる決意を示す。そこには……信じられない美少女が立っていた。
24hポイント 149pt
小説 5,285 位 / 87,373件 恋愛 2,303 位 / 23,085件
文字数 28,654 最終更新日 2020.06.24 登録日 2020.04.22
12