菅井群青

菅井群青

2019年の春、突然夢に見たストーリーを小説にしてみようと思い立って書き始めました。なので、夢に見ればたくさん書きます。勢いで言葉を紡いでいるので誤字脱字至らぬ点有りです。 よろしくお願いします。
16
恋愛 連載中 短編
100人の100通りのシチュエーションのキスを書いています。 キュンキュンしたい方、恋をしたい方、片思いをしている方、全ての恋がしたい人に贈ります。 浮気や不倫の場合は※マークありです。 ただ、基本はノーマルです。
24hポイント 961pt
小説 1,098 位 / 53,365件 恋愛 457 位 / 12,631件
文字数 64,601 最終更新日 2019.08.18 登録日 2019.06.25
恋愛 連載中 長編
突然ドアが開いたとおもったらヤクザが抱えられてやってきた。 「今すぐ立てるようにしろ、さもなければ──」 「脅してる場合ですか?」 ギックリ腰ばかりを繰り返すヤクザの組長と、治療の相性が良かったために気に入られ、ヤクザ御用達の鍼灸院と化してしまった院に軟禁されてしまった女の話。
24hポイント 5,887pt
小説 258 位 / 53,365件 恋愛 114 位 / 12,631件
文字数 132,455 最終更新日 2019.08.18 登録日 2019.06.17
ある日突然怪しげな婆さんに出会い幽霊が見えるようになってしまった女と、【本物】を探し求める極道の男が出会う。 生きている人間と、死んだ人間の区別がつかない女が生活するために選んだ職業は占い師だった。 ヤクザの幽霊にその能力を買われて軽い気持ちで情報屋としての仕事を引き受けたのだが……。 組の抗争争いに巻き込まれていく。 二十年前の殺人事件が残した歪みが、怨恨が燻り出す。 「えっと……生きてんのかな?死んでるのかな?」 幽霊やヤクザに翻弄されながらも生きる女の日々。 ゆっくり更新予定です。 すみませんが、よろしくお願いします。
24hポイント 852pt
小説 1,209 位 / 53,365件 ライト文芸 14 位 / 2,289件
文字数 4,362 最終更新日 2019.08.17 登録日 2019.08.06
恋愛 連載中 長編
アルカス国の姫であるカレンは毎晩悪夢に見舞われていた。ある詩人との出会いによってその夢が鮮明になり始める…… 今まで記憶にも残らなかったのに……。 そして次第にそれが未来に実際起こることだと、予知夢だと気づいてしまった。 繰り返し見ていたのは涙を流し刀を己の首に当てる自分の姿だった── ※すみません、データが飛びました。 しばらく不定更新です。PC恨む……
24hポイント 127pt
小説 4,878 位 / 53,365件 恋愛 1,777 位 / 12,631件
文字数 53,168 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.07.01
結婚を考えていた彼氏に突然振られ、二年間引きずる女と同じく過去の恋に囚われている男が出会う。 似ている、私たち…… でもそれは全然違った……私なんかより彼の方が心を囚われたままだ。 「……まだいいよ──会えたら……」 「え?」 あなたには忘れらない人が、いますか?──
24hポイント 930pt
小説 1,124 位 / 53,365件 恋愛 469 位 / 12,631件
文字数 64,349 最終更新日 2019.08.13 登録日 2019.07.21
コインランドリーの乾燥機をかけた時のふわっと感が大好きで通う女と……なぜかコインランドリーに行くと寝れることに気が付いた男の話 「今日乾燥機回しに行かれるんですよね?」 「いや、めっちゃ外晴れてましたけど……」 コインランドリーの魔女と慕われ不眠症の改善のためになぜか付きまとわれる羽目になった。 「寝させてください……」 「いや、襲われてる感出すのだけはやめようか、うん」
24hポイント 326pt
小説 2,659 位 / 53,365件 恋愛 1,009 位 / 12,631件
文字数 65,219 最終更新日 2019.08.09 登録日 2019.07.07
……まただ。 長年の友人関係である俊とは気の置けない友のはずだった。共通の趣味である日本酒を飲むために俊の部屋で飲み、眠りこけてお泊まりすることが多い琴音だったが、ある晩俊が眠る自分にちょっかいをかけていることに気がついた。 私ができることはただ一つ。寝ているフリをすることだ。 「……寝たか」 「……」 (まだです、すみません!) タダ酒が飲みたい女と、イタズラがエスカレートしている男の話 ※マーク ややエロです 本編完結しました プチ番外編完結しました!
24hポイント 234pt
小説 3,472 位 / 53,365件 恋愛 1,244 位 / 12,631件
文字数 26,386 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.06.22
恋愛 完結 ショートショート
取引先からの帰り道に昔恋心を寄せていた会社の同僚と雨宿りをすることになった。 降りしきる雨は止まない。 雨音に包まれた私たちは互いの温もりに目を瞑る。 やっぱりあなたが好き── 後半はエロ注意でお願いします。 ※本編は完結です。また後々番外編予定です
24hポイント 248pt
小説 3,338 位 / 53,365件 恋愛 1,206 位 / 12,631件
文字数 9,839 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.07.12
恋愛 完結 短編
付き合っていた彼氏に別れを告げた。忙しいという彼を信じていたけれど、私から別れを告げる前に……きっと私は半分捨てられていたんだ。 「私のことなんてもうなんとも思ってないくせに」 「お前は一体俺の何を見て言ってる──お前は、俺を知らな過ぎる」 すれ違う想いはどうしてこうも上手くいかないのか。いつだって思うことはただ一つ、愛おしいという気持ちだ。 ※ハッピーエンドです かなりやきもきさせてしまうと思います。 どうか温かい目でみてやってくださいね。 お気に入り数1000突破!(2019/07/05) 皆さんありがとうございます。 ※本編完結しました(2019/07/15) ただいま番外編執筆中です……。もう少しお待ちくださいね^^
24hポイント 532pt
小説 1,768 位 / 53,365件 恋愛 720 位 / 12,631件
文字数 42,191 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.06.27
恋愛 完結 ショートショート
彼氏の浮気で部屋を飛び出した女の前に現れたのは彼ではなく……彼氏の友だちでした。 「あんた……ここでなにしてんの?」 「……買い物」 いつも冷たい男とボロボロの女の話
24hポイント 269pt
小説 3,112 位 / 53,365件 恋愛 1,147 位 / 12,631件
文字数 4,720 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.06.23
そのドアを開けるとあの人の元へと繋がっていた── トントントン……7回ノックをする時だけ嫌いなアイツの部屋へと繋がる。犬猿の仲である男女がドアを通じて心を通わしていく。 私は5年後のあなたへ会いに行く 俺は5年前のあなたへと会いに行く ドアの向こうにいるあなたをもっと知りたい…… 誤字脱字あると思います。すみません……初めての執筆ですのでご容赦ください。 完結しました!(2019/06/20) ※番外編完結しました!(2019/06/27)
24hポイント 63pt
小説 7,209 位 / 53,365件 恋愛 2,571 位 / 12,631件
文字数 55,885 最終更新日 2019.06.27 登録日 2019.06.08
恋愛 完結 ショートショート
いまやお嬢様と言われた記憶も薄れた没落貴族のサラと、それでも従事し、そばにいたいと願う執事のスタンのお話。 山にキノコ狩りに行き遭難してしまう。 「ごめんなさい、まさかこんな事になるなんて……」 「サラ様……謝るのは。私の方です……」 短いです ※の部分はR18かな?ややエロ含みますのでお気をつけて
24hポイント 71pt
小説 6,843 位 / 53,365件 恋愛 2,433 位 / 12,631件
文字数 4,720 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.21
ライト文芸 完結 ショートショート
妻の作るきんぴらごぼうが大好きなおじいさんと、笑顔の可愛いおばあさんの話。 二人の夫婦愛を書いてます。 ちょっぴり切ないけど、誰かと添い遂げたい気持ちが溢れますように。
24hポイント 0pt
小説 53,365 位 / 53,365件 ライト文芸 2,289 位 / 2,289件
文字数 2,126 最終更新日 2019.06.21 登録日 2019.06.21
恋愛 完結 ショートショート
芳しい煙草の匂いが恋しい女と 大学で教鞭をとるヘビースモーカーの男 「……また、君か──」 「すみません」 不器用な男女の話。 短いです
24hポイント 28pt
小説 10,999 位 / 53,365件 恋愛 3,772 位 / 12,631件
文字数 1,738 最終更新日 2019.06.20 登録日 2019.06.20
恋愛 完結 ショートショート
「車を出してちょうだい」 「……」 愛のない政略結婚相手の婚約者の情事現場に遭遇したお嬢様と、それを見守る幼馴染の青年執事の話 短いです
24hポイント 63pt
小説 7,209 位 / 53,365件 恋愛 2,571 位 / 12,631件
文字数 1,465 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.19
「──ちょっとクチ貸せや」 「……ツラ貸せやじゃないの?」 幼馴染の腐れ縁から酒の席で突然の提案を受け、なぜかいい大人がキスの練習台になってしまうことになった。 どうやら歴代彼女にキスが下手という理由でフラれまくるというなんとも不憫な男と……キスは手を繋ぐのと一緒のようなモンだといい恋心をかくしている女の話。 ※本編完結しました ※番外編完結しました(2019/06/19)
24hポイント 71pt
小説 6,843 位 / 53,365件 恋愛 2,433 位 / 12,631件
文字数 13,109 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.15
16