虚弱なヤクザの駆け込み寺

突然ドアが開いたとおもったらヤクザが抱えられてやってきた。

「今すぐ立てるようにしろ、さもなければ──」

「脅してる場合ですか?」

ギックリ腰ばかりを繰り返すヤクザの組長と、治療の相性が良かったために気に入られ、ヤクザ御用達の鍼灸院と化してしまった院に軟禁されてしまった女の話。



※なろう、カクヨムでも投稿
24hポイント 28pt
小説 21,012 位 / 144,255件 恋愛 9,769 位 / 45,070件