9
恋愛 完結 長編 R15
「僕」は海と空以外に何もない海岸近くの小高い丘にいた。「僕」は、なぜ自分がそこにいるのかも、何者なのかもわからないまま、ただぼんやりと、目の前青い風景を。その中に溶け込みそうなくらいに見つめていたのっだった。だが、「僕」がふと思い立ち、丘の斜面を降り始めた時に聞こえてきた、謎の「声」。「僕」は、その声の予言のような「君は君に会う」と言う言葉に導かれ、砂浜を放浪するうちに、「思い出す」のであった。  それは、学生と転勤者の多く住むある地方都市の、九十年代半ばの頃のことだった。バブルが終わり、果てしなき不況の中に落ちて行く日本で、それでも落ちて行く者なりの浮遊感を楽しめた最後の時代。毎日毎日が、思い返せば特別で、濃密で、しかし飛ぶように過ぎていった日々。そんな毎日の中で、大学生ユウは、大音量のダンスミュージックに満ちたクラブSで、気のおけない友人や、気になる二人の女性、マイとサキに翻弄されながらも楽しく過ごしていたのだった。  しかし、そんな日々がしだいに終わって行く、そんなすべてを「僕」は思い出していくのだった……
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 恋愛 14,705 位 / 14,705件
文字数 92,887 最終更新日 2018.07.31 登録日 2017.08.19
 オタクでぼっちな「俺」向ヶ丘勇は、リア充女子喜多見美亜とひょんなことから体が入れ替わってしまう。そして、その後、一ヶ月以上もまるで戻る気配の無いまま、向いていないリア充女子生活を喜多見美亜脅かされながらなんとかこなしていった「俺」向ヶ丘勇であった。  しかし、そんな慣れないリア充生活の途中——いままでのぼっち生活では気がつかなかったが——同じクラスのおしとやかな美少女 麻生百合が実はハブられているのに気づく「俺」向ヶ丘勇であった。  それを不思議に思い、女子に変わった自分の今の境遇を利用して、なんとか彼女と仲良くなろう、いつも悲しそうな彼女を元気付けようと近づいて行く「俺」向ヶ丘勇。が、そのせいで、彼は、彼女、麻生百合をめぐる過去の因縁に巻き込まれることになっていくのだった。
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 ライト文芸 2,412 位 / 2,412件
文字数 516,312 最終更新日 2018.06.12 登録日 2018.03.27
中目黒の裏道にひっそりと営業している古着屋「ウィッチ・クローズ」は、人生に疲れたり、変えて見たいと思うものがふらりと迷い込むと言う。今日もまた一人、社会人デビューに失敗して、同い年の友人たちと差をつけられてしまったことを悩む男がそこに迷い込む。ああ、人生に悩んでいるのなら、別の人生試着(たいけん)してみませんか?
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 ライト文芸 2,412 位 / 2,412件
文字数 32,447 最終更新日 2018.03.21 登録日 2017.12.03
SF 完結 短編
 月の上に落ちた涙が蒸発するまでの間、その表面に映ったのがこの物語です。  失われたSFの夢が舞い、その夢により街の形作られる月の上、百の街路の中に百の秘密を隠し持ち、百の秘密の中に百の街路を隠し持つ、その街の中、途方にくれたロボットがいます。  ロボットは自分の主人を探しているようです。何ものもあるはずのこの街には、探し人もきっといるはずなのですが、あまりにあるものが膨大で、何時までたっても見つけることができません。いくら探しても見つからない探し人に、ロボットは雪の降る街の中、疲れ果て、座り込み、夢の中の夢の中の夢の中の夢……その夢の深い階層を落ちて行き、たどり着いた真っ白な場所は何処?  そして始まるロボットの幻想譚。
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 SF 1,999 位 / 1,999件
文字数 22,056 最終更新日 2017.11.03 登録日 2017.11.02
青春 完結 長編 R15
「君」はある山奥の湖畔で行われている野外ダンスパーティーの中に自分がいるのに気づいた。その前の記憶も何もなく、「君」は突然、音楽と熱狂の中にいたのだった。  でも「君」は一瞬で消え去るはずであった。「君」は、この世に一瞬だけしか存在できないはずの魔法。エラー。危うく、あぶくのような存在なのであったあった。しかし、「君」は、パーティに満ちるグルーヴに誘われて、この世界に居続ける。音楽が君を形作り……  そして、その無より現れた「君」は、湖畔で次々に行われるパーティの中で、自分が何者なのかを探しながら日々を過ごす。「君」を「何者」かにしようとする「世界」に翻弄されながら。
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 青春 2,989 位 / 2,989件
文字数 108,934 最終更新日 2017.10.22 登録日 2017.10.16
 いまから思えば、それが異世界転生の魔法だったのだろう??暴走するトラックや空から落ちてくるロードローラーより生き残った「俺」は生きたまま、異世界に連れて行かれる。  そこにいたのは大魔術ローゼとその従者サクア。それは「俺」がハマっているネトゲの新しいキャラクターと同じ名の二人であった。その二人の使い魔にされた「俺」は、ローゼが撃退した悪鬼達の「後始末」を任されることになる。それは、海に落ちた悪鬼達の死体のせいで大増殖したプランクトン??赤潮の解決なのであった。  果たして、「俺」はググることで異世界で生き残ることができるのだろうか?
24hポイント 0pt
小説 60,573 位 / 60,573件 ファンタジー 19,406 位 / 19,406件
文字数 140,143 最終更新日 2017.10.10 登録日 2017.08.26
いつのまに五年以上も過ぎた大震災の夜。わすれぬ為に記す。
24hポイント 99pt
小説 5,366 位 / 60,573件 現代文学 70 位 / 2,657件
文字数 19,020 最終更新日 2017.08.26 登録日 2017.08.26
SF 完結 長編 R15
 失われた二十年を過ごした我々の世界とは違う「日本」。そこではかつてのバブルをもしのぐ狂騒の経済が猛威を振るう世界であった。人々は、本当は、もうそれに疲れ果てているのだが、止める勇気もなく、ただ心を虚とすることで、その偽物の繁栄を受け入れ、狂った饗宴は続いているのだった。  そんな「日本」の六本木。一人の男がある女に会う。男は探偵まがいの何でも屋のハルオと言う男。女は調査会社なのか投資会社なのか良くわからないような怪しげなコンサルタントを経営する女性、紅葉。彼女はその会合場所となったバーでハルオにある依頼をする。それは家出中のレイカと言う女性を探すこと、そしてそれはこの「日本」を殺すことになると言うのだった。  そしてハルオは協力者となる??レイカの友達??夏美とともにバブルの東京の街をさまようのだが……
24hポイント 0pt
小説 19,528 位 / 19,528件 SF 1,006 位 / 1,006件
登録日 2017.10.03
新宿水音(あらやどみずね)、麻布黄歌(あさぬのきか)は二十歳になったばかりの女子大生三人組。いつもはカフェ巡りやら、服選びなどに余念がない彼女らは、二人とも晴れて成人となったのを機に、クラブにでも遊びに行ってみようと思い立ち…… それはクラブカルチャーをふわっと語る物語の始まり!
24hポイント 0pt
小説 19,528 位 / 19,528件 ライト文芸 253 位 / 253件
登録日 2019.01.22
9